HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

妊活から不妊治療へのタイミング

最近こんな質問をよく頂きます。妊活から1年、2年間妊娠しなければ不妊だと聞きましたが、病院へ行くのはまだ早いのかと悩んでいます。不妊治療はどんなタイミングで始めればいいのでしょうか?実は不安を感じた時が、相談するタイミン...

乳質が悪い時に出す赤ちゃんのSOSサインについて

今回は乳質が悪い時に出す 赤ちゃんのSOSサインについて、お話ししますね。 赤ちゃんの嗅覚や味覚は、出生後の早期から完成しています。 前回のお話の食事を心がけていれば見られない様子です。   1、泣いて飲みたがらない、ぐ...

妊活中の食事

私たちの体は毎日の食事で得られる栄養素からつくられています。 だからこそ、健康なカラダづくりのためには“朝・昼・晩”きちんと食事をとることが大切です。 さらに妊活中に意識したいのが、体が若返る食事。 妊娠しづらい方傾向と...

春うつには注意!

春うつには注意! ストレスの多い現代は、100人に3人が”うつ経験者”という調査結果もあるくらいです。 厚生労働省が3年ごとに行っている調査では、 うつ病を含む気分障害の患者が急速に増えているそうですよ。 うつ病はホルモ...

良いおっぱいを出す為の食事とは

美味しいおっぱいが出るには、どんな食事が必要なのでしょうか。 産後1週間は、お粥と梅干しでも充分良いおっぱいが出ます。 もし乳腺炎を起こした時は、牛乳、卵、脂、乳製品、肉等は摂らない様にします。 具沢山のお味噌汁と御飯だ...

母乳の源となる食事のお話

今回は、母乳の源となる食事のお話です。 母乳はお母さんの血液で出来ています。 つまり、お母さんが食べた物や飲んだ物が赤ちゃんの栄養となるのです。 では、赤ちゃんにとって美味しくて良いおっぱいとは、どんなものなのでしょうか...

妊娠、出産で病気のリスクがかわる。

子宝相談 子供を産む人と産まない人では病気のリスクが違うってご存知ですか? 子供を産まない人のリスクが上がる病気は 1.乳がん 2.子宮体がん 3.子宮内膜症 産んだ人のリスクが上がるのは 1.子宮頚がん 2.腹圧性尿失...

女性の病気「子宮内膜症」

子宝相談 今日は女性の病気「子宮内膜症」についてお話します。 子宮内膜症とは、 子宮内膜という子宮の内腔を覆っている赤ちゃんのためのベットとなる膜が、 子宮の中以外で増えてしまう病気です。 30代の女性に一番多く、20代...

母体を元気に!

子宝相談流産しやすい、人工受精・体外受精でも成功しないというのは、母体に生命を育む力がないからです。やせた土地に種を蒔いても根付かないように、土台となる母体が不安定では卵子や胎児の発育は望めません。まず半年、体質にあった...

子宝相談

子宝相談最近特に『子宝相談』で来店される方の数が急増しています。その大半の方が病院で不妊対策を受けているが、いい結果に結びつかないとお話されます。「人工受精や体外受精を何度も繰り返し、心も体も疲れて・・・」一日中働き疲労...

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.