HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >秋から肺は五臓の中で一番デリケートなんです

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

秋から肺は五臓の中で一番デリケートなんです

2015.10.03
こんにちは。

台風の多い年に今回の爆弾低気圧は、日本各地で突風に見舞われて

被害が出た所も多数の様です。心よりお見舞い申し上げます。一日も

早い復旧をお祈り申し上げます。


現在、二人に一人はがんの時代と言われています。
九州山口地方は 福岡の地で漢方一筋40年
がん、アトピー、不妊を克服したいあなたを漢方、養生でサポート
薬草の森はくすい堂カンポー先生がお届けします。


秋も深まってきましたね。南北に長い日本の北では最高気温が、

20℃を下回ってきています。朝晩の気温の変化に鼻水やくしゃみが

多くなっていませんか?カゼあせる


鼻は呼吸器の中では出入り口になります。外界と接するところです。

暑さ、寒さ、乾燥、湿に弱いはとてもデリケートで敏感な臓器です。


肺はにおおきな影響を受ける為、適度な潤いを保てずに偏って

しまったら咳や痰、喘息、鼻炎などの症状が現れます。


皮膚も呼吸器の一つで肺臓に含まれます。この季節は冬に備えて

毛穴を閉じています。

寒くなると汗もかかなくなり、熱が体にこもってしまいます。メラメラ


その熱によって気が上に向かって上がります。喘息などはこの

「気逆」と乾燥した空気の刺激が敏感な粘膜を刺激しておこります。アップ


この時、肺の気を降ろしてあげたいのですが、急に下げてしまうと

鬱をお持ちの方は悪化して悲しみが強くなります。鬱でなくとも、

悲しみの感情が強くなります。しょぼん

秋は太陽エネルギーが弱くなって鬱傾向が強まって悲しみの感情が

強くなります。

そんな時は肺の父親「心」を温める処方をとる事で肺の気が下がり

ます。温める事で熱を放散させ、結果的に血熱がとれていくのです。ダウン


そのほかにも肺の母脾胃に助けてもらうと一層、良いですね。

脾胃が弱い方や消化、吸収が上手く出来ないかたなどです。

本当ならこの季節が来る迄に、皮膚、粘膜のバリアを強化して

あげると良いですね。それには「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」

という処方やホンサージなどを使うと良いでしょう。


これから寒さと乾燥が進みます。風邪などひかれません様に秋を

楽しみたいですね音譜音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

次回のがんについてに興味のある方は

クマさんをクリックお願いします。




ありがとうございます!
更新の励みになります。

次回の更新をお楽しみに~。

応援よろしくお願いします チューリップピンク

はくすい堂の通販サイトはこちらから
http://yakusou.shop2.makeshop.jp/


ご相談は、福岡市城南区長尾にある
薬草の森はくすい堂 」で承っております。 
ご相談は予約制となっております。

 
営業時間 10:00~18:30(祝日休み)
 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)
 
お問い合わせください)
ご相談はいつでも無料です。

フリーダイヤル0120-8931-81(ハクスイはい!




Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.