HOME>新着情報 >博多リバレイン店 >☂梅雨におすすめの食養生☂

新着情報

博多リバレイン店

☂梅雨におすすめの食養生☂

2019.07.22


「梅雨」の蒸し暑さは、胃腸(脾)に影響を及ぼし、


体に様々な不調をうみます。


湿度の高い時期に、


余分な水分や老廃物が溜まることで引き起こされる


心身の不調を


中医学では「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。

 

 

食べ物で「湿邪」を防ぐには、


まず冷たいものを摂らないことと、


一度に食べる量を控えめにすることです。

 

食事の回数は増やしてもかまいません。


生ものや脂っこいものは


食べ過ぎないようにしてください。

 


梅雨時におすすめな食養生は、


消化しやすい熱性のタンパク質(魚、卵、肉)と、


湿気を払う食材をたくさん食べることです。


湿気を払うものとして…

 


ハトムギ、インゲン豆、トウモロコシ、


セロリ、タマネギなどが挙げられます。

 

 

また、辛いものは発汗作用があり

 

食欲の促進にもなりますので、

 

この時期にはおすすめです。

 

 

胃の消化液がよく出るので胃腸が弱るのを防ぎます。

特に湿気のたまりやすい関節を動かすなどの

 

ストレッチが有効です。

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.