HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >湿邪・暑邪に烏龍茶。

ステキに先生のコウノトリの贈り物

湿邪・暑邪に烏龍茶。

2019.07.20

セミの声が聞こえるようになってきましたね😄

「セミ イラスト」の画像検索結果

もうすぐ梅雨明けしそうですが、まだ雨が続きじめじめしてイヤですよね

「梅雨明け イラスト」の画像検索結果

梅雨時期はの働きが盛んになる一方、暦の上では夏でもあるため

の働きも盛んになっています。

 

には喜燥悪湿(湿気を嫌い乾燥を好む)という特徴があり、雨が多い季節には湿気が強くなり、

脾の働きに影響を与え運化作用が阻滞されます

体内の湿を改善する食薬として、

・辛味(生姜・ネギ・胡椒)

・苦味(苦瓜)

・淡味(冬瓜・はと麦)

・温性(海老・鶏肉・羊肉)などがあります

 

「だるさ」の画像検索結果

には「喜温悪寒」(寒さを嫌い温かいの好む)という特徴があり、

寒い冬より厚い夏のほうが血がスムーズに流れ、過ごしやすくなります。

しかし、暑すぎると津液が消耗され血を補充する水分が足りなくなり

心の血脈を司る働きに影響を与えます

暑を冷ます必要もあるので、

・苦味(苦瓜)

・鹹味(昆布・海苔・塩)

・涼性(大根・胡瓜・セロリ・はと麦)などの食薬がおすすめです

 

また、手軽に飲めるお茶として『烏龍茶』も良いですよ😉

関連画像

烏龍茶は温性にも涼性にも偏らず平性で、湿邪と暑邪が混ざった時期に最適なお茶です。

カフェインは緑茶と同じくらいの量を含んでいますので、

飲み過ぎには注意が必要です

梅雨明けするまでは、湿気対策に力をいれましょう😄

 

 

 

 

 

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.