HOME>新着情報 >博多リバレイン店 >【妊活】新型出生前診断について

新着情報

博多リバレイン店

【妊活】新型出生前診断について

2020.08.29

今日は新型出生前診断、NIPT(母体血胎児染色体検査)についてお話しします。

 

NIPT(母体血胎児染色体検査)とは、妊婦さんの血液を用いて、

妊婦さんの血液中に含まれる赤ちゃんのDNA断片を分析することで

赤ちゃんの染色体を調べる遺伝学的検査です。

 

従来の非確定的検査(赤ちゃんの疾患の可能性を評価するために行う検査)

と比べてかなり精度が高く、妊婦さんの採血のみで行えるため

流産・死産のリスクがなく安全です。

 

具体的には次の3つの疾患を調べることができます。

・ダウン症候群

・エドワーズ症候群

・パトー症候群

 

検査結果が陽性または判定保留が続いた場合、

検査結果を確定させるためには、羊水検査または絨毛検査を受ける必要があります。

NIPT(母体血胎児染色体検査)にかかる費用は医療機関によって異なりますが

約15~20万です。やはり高いですね。

 

出生前診断を受けるかどうかについては、納得できるまで

パートナーやご家族と話し合うことが大切です。

Copyright (C)1976-2020 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.