HOME>新着情報 >博多リバレイン店 >噛めば噛むほど。

新着情報

博多リバレイン店

噛めば噛むほど。

2020.06.05

「噛めば噛むほど味が出る」

食べ物や音楽、人など様々なものについて、何度も味わったり長時間触れたりすることで

徐々に良さが分かるようになることを意味する言葉です。

今回はこの意味は関係なくて(;^ω^)「噛むこと」に焦点を当てていこうと思います。

 

 

噛むことはいいことだらけで「ひみこのはがいーぜ」だそうです。

「ひ」・・・肥満を防止する

「み」・・・味覚を発達させる

「こ」・・・言葉の発音をはっきりさせる

「の」・・・脳を発達させる

「は」・・・歯の病気を予防する

「が」・・・がんを予防する

「いー」・・・胃腸の働きを促進する

「ぜ」・・・全身の体力向上、全力投球できる

 

すごいですね!!

逆に噛まないと「ひみこのはがいーぜ」の恩恵を受けれないのですね。

 

 

食べ物は口から食道を通り、胃で食べ物を消化します。

次に胃で酸性になった食べ物を十二指腸で中性にし、

小腸で栄養を吸収、大腸で水分を吸収し、残りかすが便として排出されます。

 

 

食べ物が口から入って、便として排出されるまでの旅は

日頃、当たり前すぎて意識することはあまりないと思いますが、

改めて考えるとすごいことが行われているんですよね。

 

 

噛むことは消化・吸収・元気になるための準備運動。

もしかしたら今あなたが抱えている不調も噛むことが関係しているかもしれません。

 

 

例えば「むくみ」のお悩み。

体質診断をして“痰湿タイプ”と診断結果が出たとしましょう。

痰湿タイプとはカラダに必要な水が何らかの原因で滞ってしまっている状態をいいます。

水の滞りによって、むくみやめまい、痰が出るなど様々な症状が引き起こされます。

 

痰湿タイプになる原因は人によって様々ですが、もっとも多いのは

胃腸を酷使するような生活を続けたために、うまく消化・吸収・排出ができず

老廃物が溜まっていきます。

逆に胃腸に優しく過ごすと消化・吸収・排出がうまくいくということです。

 

 

ところでこの「胃腸を酷使するような生活」とはどんなことをいうのでしょう。

すぐに思い浮かぶのは食べ過ぎ、飲みすぎ。

他にも不規則な生活。夜遅くに食べたらすぐに眠ってしまい

胃がもたれるなどの経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

他にも過度なストレスが胃にくる方もいらっしゃいますね。

そしてこの中にあまり噛まないことも胃腸を酷使することになっていると思います。

噛むことで胃の負担を軽減、胃に優しくすることが出来ます。

噛まないことがむくみの原因の一つになっているとはなかなか想像もつきませんが

噛むことを意識するだけでむくみにくくなるなら今すぐに始められますね!

 

 

食べ物の道のりは決して平坦なものではないように思います。

だけど、旅路の途中、胃や小腸、大腸などその土地土地でいい経験をして

一人前の便になるために淡々と旅路を進めます。

そんな食べ物の旅路をよりいいものにさせてあげるために

私たちが出来ることは『よく噛むこと』ではないでしょうか?

ひと噛みでもふた噛みでも増やして噛むことを今日から一緒に始めましょう!

 

Copyright (C)1976-2020 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.