HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >四物湯と四君子湯とは!

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

四物湯と四君子湯とは!

2020.05.11

四物湯とは当帰(とうき)、川キュウ(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)、地黄(じおう)の生薬で構成され、漢方医学での血(けつ)が足りない状態、すなわち血虚(けっきょ)に用いる基本処方です。

肌や唇が乾燥傾向で便が硬く、貧血傾向で冷え性の女性の方に特におすすめです。

いずれも血、陰液を補う生薬であり、血液と潤いを与えます。

当帰と

川キュウは、体を温めて血の働きを高める生薬です。

芍薬は鎮痛効果、

地黄は滋潤作用があります。

このため、月経不順、月経痛、過多月経、産前産後の体調不良、更年期障害など婦人科系疾患に幅広く用いられます。

血行改善作用があるため、シミ、しもやけ、指掌角化症などにも応用されます。

また四君子湯とは胃腸の水分の停滞を改善し、胃腸を元気にする効果があり慢性の胃炎、胃もたれ、下痢、嘔吐に効果があります。

また痩せている顔色が悪い食欲がない疲れやすいといった虚弱体質の方に対して使用されます。

お腹が普段からゴロゴロする、水っぽくチャポチャポする方に有効です。

また四君子湯は、体力のない方に投与して、気を補い胃腸を元気にすることを目的として処方されます。

この中の主役は、補気作用をもつ「人参」で、

同じく、気を補う「白朮」

「甘草」が入っています。

ここに、消化器のよぶんな水分をとりのぞいて、下痢や吐き気などを止める「茯苓」が加わることで、

消化吸収力が落ちて、体のエネルギー源である気を作り出せない状態を治す良薬となります。

 ぜひ四物湯や四君子湯が組み合わされた十全大補湯などの漢方薬を取り入れてみてください。

 

Copyright (C)1976-2020 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.