HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >インフルエンザに効く!麻黄湯とは

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

インフルエンザに効く!麻黄湯とは

2020.04.16

皆さんホノミの漢方製剤をご存知でしょうか。

今回はホノミの漢方製剤のキネツ錠=(麻黄湯)についてお知らせします。

(下記の写真をクリックするとキネツ錠=(麻黄湯)の商品販売サイトにつながります。)

まずこの時期気をつけたいのが、強い感染力を持つインフルエンザです。


インフルエンザの特徴的な症状として「ゾクゾクして寒気がする」「高熱が出て体の節々に痛みを感じる」という訴えをよく聞きます。

漢方では、風邪の初期は「熱」か「寒」に分けて治療法を考え、熱の場合は冷まして治し、寒の場合は温めて治していきます。


このことからインフルエンザの場合、症状を「寒」として捉えて身体を温め発汗を促すような漢方薬を使います。
そこで良く用いられるのが「麻黄湯」です。

「麻黄湯」は、主薬のマオウ(麻黄)に、

鎮咳・去痰作用のあるキョウニン(杏仁)、

緩和作用を持つカンゾウ(甘草)、

発汗・発散作用のあるケイヒ(桂皮)

 

の組み合わせでできています。

マオウは、交感神経を刺激するエフェドリン類が含まれ、気管支拡張作用があります。

古くから生薬として、発熱・鎮咳などに用いられ、近年ではインフルエンザの初期にも用いられることがあるそうです。


麻黄湯は症状が出始めた初期に飲むのが効果的で、温めて発汗させ、汗と一緒に病邪を外に出します。

 

辛温解表薬(しんおんげひょうやく)と呼ばれ強い発汗作用があるので、体力があり発熱しても汗が出ていない初期の状態で飲むのが良いです。

汗が出るまで飲んで、汗が出だしたら他の漢方薬に切り替えます。


また麻黄湯は喘鳴、咳嗽などを伴うほか、乳幼児の風邪で鼻づまりがある場合に適します。

麻黄湯について気になる方は是非ご相談・お問い合わせください。

キネツ錠=(麻黄湯)の他にもホノミの漢方製剤はたくさんの種類があります。

ぜひその他の症状でお困りの時にもご相談ください。

Copyright (C)1976-2020 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.