HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >猛暑日との付き合い方

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

猛暑日との付き合い方

2019.08.06

こんにちは(^^)/
ついに35度を超える猛暑日がやってきました。うだるような暑さに夜、体が熱を持って寝付けない方も多いのではないでしょうか😥?

職場はクーラーが効いていて、お風呂もシャワー浴で済ませている場合は、
汗がかけない体になっている可能性が高いです。


適度な汗は体の深部を冷ますのに必要となってきます。適度な量が出ていないと

内側が火照ったまま体温が下がらず、夜の不眠の原因にもなります。

 


 そういった方におすすめなのは『生姜』!

 

 

体を温めるものとして冬に重宝されますが、実は生のままの生姜は代謝をあげて発汗を促す力があり、熱を下げてくれます。
市販のチューブタイプは使いやすくて保存もきくので便利ですよね。

また、加熱や干す過程で体を温める成分が増えるので、冷たいものを食べて冷えた胃腸には火を通した生姜が最適です。

 

体が火照った時は生の生姜を。 お腹が冷えた時は火を通した生姜を。


一つで2役の万能生姜を使って、猛暑とも上手く付き合っていけたらいいですね。

 

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.