HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >『穀雨』に入って木々も茂ってきました

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

『穀雨』に入って木々も茂ってきました

2019.04.20

おはようございます(*^-^*) 今日は二十四節気の『穀雨(こくう)』に入りました。毎年4月20日頃が穀雨(こくう)となっています。

穀雨は穀物の生長を助ける雨のことです。春雨の降ったことで、田んぼや畑が潤ってくるので、種をまく環境が整ってきます。

日差しも強まり、天気も安定してくるので農作業をする人にとっては、この時期に種まきをする目安となっています。

また、この時期の雨は、あらゆる穀物を潤し目を出させ、生長させてくれる恵みの雨となるため、この時期の雨は「百穀春雨」と言われています。

この季節は人も『陽気』が増してきます。『気(エネルギー)』が上に上がりやすいので、めまいやふらつき、耳鳴り、頭痛など体の上の方の症状が出やすくなります。

上がった気を降ろしてくれる処方に『気上錠』とそのままの名前の漢方薬があります。めまいなどは不安感が落ち着いて胃腸にも優しい処方です。他にも食養生では水分を摂り過ぎず、生物や冷たいもの、油っぽいものは控えましょう。

自然の力で少しずつ体作りをして春を楽しみたいですね。それではステキな週末をお過ごし下さいませ(^^)/

庭の木々も一気に成長して、新緑が目も心も保養してくれます。

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.