HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >柿渋でDIYです

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

柿渋でDIYです

2019.04.15

おはようございます(*^-^*) 今日は17℃迄、気温が上がる様ですが、陽射しはあるものの体感温度は低めです。こんな時は用心しないといけませんね。

今日から二十四節気の『虹始見(にじはじめてあらわる)』に入りました。春の清々しい明るさの中に現れる虹は、あっという間に消えてしまいそうな淡さです。

春はまだ太陽の光が弱いからかもしれません。立春をすぎて現れる初めての虹を『初虹』というそうです。「虹が見える」とは冬の光が春に変わったという事でもあるのですね。

春と言えば、次々と植物の成長の速さに驚かされます。玄関前のオオデマリも薄緑から白へと色が変わってきました。その寄せ植えの鉢を『柿渋』を使って塗ってみました。

なかなか良い色合いです。柿渋は古くは漆の下塗りに使用された記録があり、衣類の染め物にも用いられてきました。民間薬としては、火傷やしもやけ、血圧降下や解毒などに効くとして使われてきました。

お客様に歯科院の方がおられますが、柿渋を使って歯茎マッサージのクリームを作られております。なるほど~そんな使い道もあるのですね~うがいに1滴入れても良さそうです。

春の息吹きを感じながら、今週もよろしくお願い致します(^^)/

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.