HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >脳を生き生きさせる習慣で、食べ過ぎを防ぐ予防方

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

脳を生き生きさせる習慣で、食べ過ぎを防ぐ予防方

2016.03.15
こんにちは音譜

そろそろ桜の開花も聞こえてきそうな季節になりました。春は何だか

ワクワクしますねコスモス


本日は脳を生き生きさせる習慣で食べ過ぎを防ぐ予防方を

ご紹介しますね。



予防1) 好きなものは後で食べましょう。



     我慢してから食べる事で、時間をかけて満足感を得る

     ことができ、幸せホルモンが分泌されます。結果的に

     食べ過ぎにならないのですチョキ


     好きなものを最後に食べるほうが良いとは言え、好物に

     行き着く前に、他の食べ物でお腹が一杯になってしまわ

     ない様、自分の適量を知っておきたいですね。



 予防2) よく噛むこと



     お腹がいっぱいと脳が感じるのは食後20~30分してから

     です。そのサインが出る前に食べ過ぎてしまうのが太る

     原因です。

     これを防ぐにはよく噛む事です。


     柔らかい食事に慣れている現代人には難しいですが、

     ひと口で30回噛むと良いですね星


     噛む事でヒスタミンの分泌を促し、脳が満足感を得られ

     やすくなります。




     いつもより少ない量でも満足感が得られる様にもなります。



以前のブログにも書きましたが、食べ過ぎはガンの喜ぶ結果に

つながります。


腹七部を心掛けましょう。胃腸に負担が少ない方が血中の

ガンのパトロール隊成分も活躍できますよ!!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

次回の次のよもやま話に興味のある方は

クマさんをクリックお願いします。




ありがとうございます!
更新の励みになります。

次回の更新をお楽しみに~。

応援よろしくお願いします チューリップピンク

はくすい堂の通販サイトはこちらから
http://yakusou.shop2.makeshop.jp/


ご相談は、福岡市城南区長尾にある
薬草の森はくすい堂 」で承っております。 
ご相談は予約制となっております。

 
営業時間 10:00~18:30(祝日休み)
 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)
 
お問い合わせください)
ご相談はいつでも無料です。

フリーダイヤル0120-8931-81(ハクスイはい!




  

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.