HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >シリーズ 男性不妊 漢方で明るい未来(3)

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

シリーズ 男性不妊 漢方で明るい未来(3)

2014.06.26

シリーズ 男性不妊 漢方で明るい未来

男性が原因の不妊症について考える(第三回)
前回も言いしたが、子供ができない原因の約半分が男性では無いかといわれています。
そしてそれを分類すると、
①「乏精子症」②「無精子症」③「精子無力症」④「勃起障害」になります。
今回は①乏精子症についてご説明します
そのなが示す通り、精子が絶対的に少ない人である。自然妊娠には精子の数が4000万以上あることが望ましいとされている(2000万以上は一応正常とされるがそれでは安心できない)。乏精子症の原因には精巣に血液が逆流することで起きる精索静脈瘤 、あるいは、精巣の働きの悪さから精子が作られにくい造精機能障害などがある。しかしこれは見つかりにくく検査をしても原因が発見されないこともある
しかし簡単にその可能性をチエックできる。
チエック 1 左右の陰嚢に違いはないか
チエック2 長時間座っていた時タマタマに痛みはないか

これがあれば要注意、検査を受けよう
次回 ②無精子症 お楽しみに


Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.