HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >妊活から不妊治療へのタイミング

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

妊活から不妊治療へのタイミング

2014.04.07
妊活から不妊治療へのタイミング

最近こんな質問をよく頂きます。

妊活から1年、2年間妊娠しなければ不妊だと聞きましたが、
病院へ行くのはまだ早いのかと悩んでいます。


不妊治療はどんなタイミングで始めればいいのでしょうか?


実は不安を感じた時が、相談するタイミングです。

「そのうち妊娠する」と思いながら病院に行くタイミングを逃してしまった、
などという話もよく聞きます。


日本産科婦人科学会用語委員会では、
『生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、性生活を行っているにもかかわらず、
妊娠の成立をみない状態』を、不妊症と定義しています。


この「一定期間」とは、一般的に2年とされていますが、
子作りをして1年が過ぎても妊娠の兆候が見られないと、焦りや不安を感じてしまいます。


しかし、このようなマイナスの感情が心理的ストレスとなり、
ホルモンバランスの乱れから排卵障害を引き起こすことがあります。


とはいえ病院に行くには勇気がいるし・・・


そんな時にこそ「はくすい」にご相談ください。

専門の中医師の資格をもったスタッフがあなたのお悩みを解決致します。

これからのこと、一緒に考えていきましょう。



子宝相談


この記事が役にたったらクリックをお願いします↓↓↓



ありがとうございます!
更新の励みになります。
Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.