HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >妊娠中の花粉症

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

妊娠中の花粉症

2014.03.07
◎妊娠中の花粉症

子宝相談

この時期は花粉症にお悩みの方も多いのではありませんか?

特に妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、花粉症の症状が悪化する
ことが多いようです。

また、今までは平気だった人が、妊娠をきっかけに花粉症を発症して
しまうこともあります。


花粉症のくしゃみで流産や早産を心配する人も多いようです。

しかし花粉症のくしゃみで流産や早産がおこることはまずありません。

ご安心くださいね(笑)


ただ腹圧がかかりすぎて「おなかに張りを感じる」または「子宮に力
が入ってしまう」ときは、お医者様に相談が必要ですよ。


生活の習慣としては、たばこやお酒はもちろん控えていただき、からだ
を冷やしたりしないように気をつけてください。


食生活では栄養をバランスよくをとる事を考えてください。

また、ペパーミントやローズヒップなどのハーブティーや、腸の中の
善玉菌を増やすヨーグルトなどの乳酸菌もいいとされています。


からだの免疫力が落ちると花粉症を発症しやすくなりますので、睡眠
時間をたっぷり取る事を心がけ、風邪を予防する事が花粉症対策にも
つながります。


この記事が役にたったらクリックをお願いします↓↓↓



ありがとうございます!
更新の励みになります。

次回の更新をお楽しみに~。
Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.