HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >肝臓を元気にしてくれる食材

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

肝臓を元気にしてくれる食材

2014.02.19

こんにちは!薬草の森 はくすい先生です。

今回はデトックスを担う肝臓のお話です。

五臓(腎、肝、心、脾、肺)の中で、
腎臓と肝臓はデトックスに深く関わりがあります。

腎臓は血液を濾過して尿として老廃物を体外に出します。

肝臓はアルコールや薬、老廃物などの有害な物質を分解して、
からだに影響をおよぼさないように無毒化します。

しかしストレスなどで肝臓の働きが弱って血液を貯蔵出来ず
十分に働けないと、身体にとして残ってしまいます。

その結果、肌がくすんだり、湿疹などの肌トラブル、
視力低下、イライラ、情緒不安定、ゆううつ、月経前の
胸の張りや痛み、足がつるなどの症状が出たりします。

肝臓に十分な血液を貯蔵出来る様にストレスの発散や
十分な睡眠、肝臓に負担にならない食生活が大事ですね。


肝臓を元気にしてくれる食材を幾つか紹介します。

薬食同源のレバー柑橘類
香り野菜(セロリ、せり、三つ葉、ミントなど)他
酸味のものがおすすめです。

そして肝臓の状態は目、爪に反映される為、
目の疲れやそれに伴う頭痛や肩こりには菊花が疲れや
充血、かすみ目を解消してくれます。

さらにクコの実を加え血行を良くして肝臓の機能を高めます。

更に肝臓だけでななく、「肝」の親である「腎」を一緒に補ってあげる事で、
効果も違ってきます。

「腎」についてはまた次回でご紹介しますね。

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.