HOME>新着情報 >福岡長尾本店 >冬は寒さ対策を万全に!体を温める食材を積極的に♪

新着情報

福岡長尾本店

冬は寒さ対策を万全に!体を温める食材を積極的に♪

2019.12.02

冬の養生は、とにもかくにも体を冷やさないことです。

なかでも「腎(膀胱)」を守ることが大切。
腎のつぼがある足首、そして腰回りを中心に、厚手の靴下を履いたり、下着を重ねたりするなどして下半身に寒さが入り込まない工夫をしてください。古代の養生本には、朝は日が出てから起き、夜は早く休むようにと書かれています。また、過度な運動も腎を損傷するといわれますので、控えた方がいいでしょう。食材は体を温め、「気」を養うものを中心にいただきます。

腎を養う栗、山芋、黒豆などは積極的に取りましょう。


また、牛肉、ショウガは「脾(胃)」の働きを助け、ショウガ、シナモンは体を温めます。オレンジなどの柑橘類は香りで気の滞りを予防します。

寒さによって血液の巡りが悪くなっているので、辛味を少量取り入れて血の巡りをよくしましょう。しかし、汗を大量にかくほどに辛味の強いものは、体の熱を奪い、かえって体を冷やすことになるので注意します。

疲れやすい方はニンニク、ネギ、小豆、山芋、ナツメを取り入れ、貧血気味の方はホウレンソウ、蜜で煮たナツメがお薦めです。


のぼせ、暑がりの方はホウレンソウ、黒ゴマ、バナナ、カモ肉、クコ、自然薯など、体の余分な熱を取るものを一緒に取ります。
冷え性で寒がりの方は、羊肉、鶏肉、エビ、ニラ、シナモンで体を元から温めます。

積極的にこうした食材を日ごろの食卓にお食事に取り入れて寒い冬を健康にお過ごしくださいませ。

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.