HOME>新着情報 >博多リバレイン店 >★「飲む点滴」甘酒②酒粕甘酒の魅力★

新着情報

博多リバレイン店

★「飲む点滴」甘酒②酒粕甘酒の魅力★

2019.08.19


「飲む点滴」と言われ、

最近人気の高い「甘酒」

 

 

 

大きく分けると甘酒には、

米と麹でつくる「米麹甘酒」と、

酒粕で作る「酒粕甘酒」の2種類があります。

 

 

 

先日、「米麹甘酒」についてお話ししましたが、

 

今日は、「酒粕甘酒」の魅力についてお話ししましょう。

 

 

 


酒粕甘酒とは、酒粕を使用した甘酒で、

日本酒の製造過程で、

日本酒をろ過して液体を搾り取った後に出る粕が、

酒粕になります。

 

 


酒粕を使った甘酒は、

酒粕を水に溶かして作られるので甘みは薄めですが、

不溶性食物繊維やビタミンB、

タンパク質といった

栄養成分が豊富に含まれていることが特徴です。


少量ですが、アルコール分が含まれています。

 

 

❁❁酒粕甘酒の驚くべき効能❁❁

 

最近、テレビ番組で酒粕の健康や美容における効能が特集されたことで、

一般の方からの興味も高まっているようです。(^^)/

 

 

❶美肌効果

酒粕甘酒には、米麹甘酒にはない成分が含まれています。

それは美肌効果をもたらす、

コラーゲンの生成を促進する成分a-EGです。(^^)

 

酒粕甘酒を1週間飲むだけで、

肌のコラーゲンが増加することが確認されていて、

その効果は1ヶ月も持続するというから驚きです。( `ー´)ノ

 

また、酒粕甘酒に含まれている

アルブチンや遊離リノール酸、スフィンゴ脂質は、

シミやそばかすの元となるメラニン色素を生成する、

チロシナーゼという酵素の働きを妨げる作用があることから、

美白効果も期待できます。

 


さらに、酒粕甘酒はビタミンB1、B2をはじめとする

計8種類のビタミンB群を含んでいます。

 

ビタミンB1、B2、B6は、

お肌のターンオーバーを正常化する作用があるため、

新しい角質層の生成を促し、

美肌を促進する効果が期待できます。

 

 

また、、肌の潤いを保つ働きを持つセラミド成分である

スフィンゴ脂質が含まれているため、

お肌の保湿効果も見込めます(^^♪

 

 

 

飲むタイミングは、

肌細胞が作られるのが夜ですので

夕食時に飲むのが良いようです。(^o^)/

 

 

 

❷便秘解消&肥満予防


最新の研究で、酒粕甘酒に脂の吸収を抑制するタンパク質

(レジスタントプロテイン)が含まれていることがわかっています。

 

 

レジスタントプロテインとは食物繊維と同等、

もしくはそれ以上の腸内改善効果があると

考えられている特別なタンパク質です。

 

 

このタンパク質は、脂とくっついて

身体に吸収されづらくしてくれる効果があります。

 


肥満が気になる場合やダイエットしたい場合は、

食事と一緒に酒粕甘酒を飲むようにすると効果的ですね。(^^♪

 

 

❸メンタルヘルス&不眠を改善


酒粕甘酒には抗うつ作用があるセロトニンの原料となる

トリプトファンというアミノ酸や、

精神を安定させるGABAという成分も含まれているため、

精神状態をリラックスさせ

メンタルヘルスを改善する効果もあるようです。

 

 

また、大学の共同研究チームが

酒粕に含まれるS-アデノシルメチオニンという物質が

睡眠調節に関与する中枢神経に作用することをつきとめました。

 


この成分がノンレム睡眠を増加させ、

睡眠の質を向上させるといわれています。

 

 

 

身体によい「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」ですが…


炭水化物が多くカロリーもそれなりにあるので、

身体に良いからといって毎日たくさん飲むと

エネルギー過剰になり肥満につながる恐れがあります

気をつけましょう(>_<)

 



Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.