HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >子宮力ありますか。

ステキに先生のコウノトリの贈り物

子宮力ありますか。

2018.10.17

妊活には

 

『薬膳料理』と『薬膳の考え方』がとても効果的です。


でも薬膳ってなんだかムズカシそう、

と思っていませんか?

 

 

薬膳を簡単に言ってしまえば、

 

「自分の体質に合った食事をして、体調を整えましょう」というもの。

 

ポピュラーな例で言えば、

 

「冷え性の人はネギやニラで体を温めましょう」といったような、

 

実にシンプルな考え方です。

 

さらに言うならば、

 

薬膳とは「医食同源」のこと。

 

食事は何でも自由に食べられるはずなんだけど、

 

朝ご飯にカフェオレと菓子パン、

 

夜はビールと唐揚げとお総菜なんかで済ませてしまって、

 

結果的にお腹は膨れても、

 

体に必要な栄養素がまったく足りていない、

 

という方もいらっしゃいます。

 

その結果、

 

日本の女性は

 

 

肩こり

冷え

生理痛

むくみ

疲れやすい

 

といった症状を訴える人が多いんです。

 

実際の日本女性たちの食事内容調査では

 

血行不良と栄養不足という結果が顕著に現れているそうです。

 

 

このように栄養不足から、

 

血行不良に陥っている場合、

 

血液やエネルギーの流れををよくしたりするために、

 

「赤色の食材」や

 

「黒色の食材」を食べることによって、

 

血の汚れを取ってもらいつつ、

 

少なくとも、

 

生理痛がないようにしていくということが大事な点です。

 

血行不良の対策には、

 

「赤」や「黒」の食材などを多く摂りましょう。

 

血行をよくする食材を具体的に言うと、

 

トマト

サバ

あずき

黒豆

ゴマ

ドライフルーツなどです。

 

ドライフルーツは

 

赤のもの、黒のもの様々あるので、

 

好みのものを気軽に選んで、

 

続けて食べてみてほしいのですが、

 

特におすすめなのは「ナツメ」です。

 

中国や韓国では

 

妊娠した女性にナツメを贈る習慣があります。

 

妊娠・授乳・出産中の、

 

子宮や体に大量の血が必要な時期に、

 

ナツメは非常に有効な栄養補給源となるからなんです。

 

ちなみに

 

サバの缶詰なんかをコンスタントに食べていると、

 

生理の時に楽になったりします。

 

そういったかんじで、

 

生理前に血行不良を改善するようなものを、

 

ぜひ意識的に摂ってみましょう。

 

そして妊活のためには、

 

こうやって子宮力を上げる、

 

基本的な体づくりをしていっていくことが、近道になりますコスモス

 

 

Copyright (C)1976-2018 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.