HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >★低体温の恐怖(-_-;)

ステキに先生のコウノトリの贈り物

★低体温の恐怖(-_-;)

2016.11.07

現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人 最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます そのような不妊に悩むご夫婦を 日々薬草の森はくすい堂で、 漢方、養生を中心にサポートをしてる 福岡の国際中医師・一般社団法人認定の 子宝カウンセラーステキに先生です

 

皆さんは自分の平熱を知っていますか? 

 

健康的な人の平熱は36.5~37.1度です。!?

 

 

 

実は今、平熱が36度以下という「低体温」の人が増えているとか…。

 

 

 

「低体温」は免疫細胞と大きなかかわりがあり、放置するとさまざまな病気や『がん』までも発症してしまうことがあるそうです。

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、平均体温が37℃の人と35℃の人では実に免疫力が実に60%も違うという結果が出ています。

 

 

今回はそんなリスクを背負っている低体温の方に訪れる恐怖とその対策についてお伝えしたいと思います。

 

 

低体温がなぜよくないとされるのでしょうか?

 


 

 

 

体温が上がると血液の流れがよくなります。

 

 

血液は私たちの体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰る働きをしています。

 

 

その血液の中に、免疫機能を持った白血球が存在し、その白血球が体の中をめぐることで、体の中の異物をパトロールしているのです。

 

 

つまり体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても、素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。

 

白血球は、これら外界からのウイルスや細菌だけでなく、がん細胞が体の中にできるたびに、免疫細胞で攻撃をして死滅させてくれています。

 

 

実は健康な人でもがん細胞は1日に5000個もできています。

 

その1つでも免疫という監視システムをかいくぐって生き残ると、1個が2個、2個が4個、4個が8個と倍々ゲームのように増えていき、やがてはがんに姿をかえてしまうことがあるのです。

 

 

健康を維持してくれる免疫力は体温が1度下がるだけで30%低下(2度では…実に60%)します。

 

 

単純に計算すると、1日に1500個近くのがん細胞が、免疫システムから見逃されて増殖していく可能性があるのです。

 

体温が正常に保たれていれば、これらの免疫システムが正常に働いてくれて、健康が保たれているということになります。

 

 

まずは、自分の平熱を知り、低体温を克服して、血流をよくしておくことが、免疫力向上につながるのです。

 

 

次回は…低体温の原因や克服法についてお伝えしますね~❢ (^o^)丿

 

 

コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹

下矢印ぽちっと応援よろしくお願いします コスモス

ぽちっとお願いしますっ

はくすい堂の通販サイトはこちらからハロウィン

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/

ご相談は、福岡市博多区下川端にある 「薬草の森はくすい堂 」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。

営業時間 10:30~19:00(祝日休み) (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

ご相談はいつでも無料です。 フリーダイヤル0120-8931-15ハクスイいこ~!)

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.