HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >☂雨の日の体調不良☂

ステキに先生のコウノトリの贈り物

☂雨の日の体調不良☂

2016.06.17
現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人

最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます

そのような不妊に悩むご夫婦を

日々薬草の森はくすい堂で、

漢方、養生を中心にサポートをしてる

福岡の国際中医師・一般社団法人認定の

子宝カウンセラーステキに先生です
ドキドキ





湿気の多いこの時期は毎年体調を崩してしまう…ガーン
そんな事ありませんか

よく見られる症状は、

頭痛、めまい、関節の痛み、
むくみ、嘔吐、喘息、痰、アレルギー性鼻炎、湿疹、下痢、喉のつかえ感、体のだるさ、やる気が起こらない など…

漢方の目線で考えると原因は「湿」にあります。

湿気(しっけ)は読んで字のごとく「湿(しめ)った気(き)」であり、

漢方ではこれを体の中の環境に当てはめ、「水」の巡りが悪い状態として捉えます。

甘いものやアルコールの摂り過ぎ、
水分の過剰摂取、
運動不足などで体の「水」の巡りが悪くなると、
体の中に「湿(しつ)」が溜まり、
さまざまな体調不良を引き起こします。



体の中に「湿」が充満しているところに、
さらに季節や天気の変化で体の外からも湿気の影響を受けると、
なおさら症状が悪化してしまうというわけです。

漢方治療では、「湿」を取り除き、
「水」の流れを良くする漢方薬を使用し、
症状によっては、同時に温めたり、逆に冷やしたりする漢方薬が使われます。

湿邪(湿気による体調不良)を対策してくれる食品


しそ、葱、ショウガ、柚子、三つ葉、山椒、唐辛子、ニンニク、にら、レモン


生姜やネギ、三つ葉やセリなどの香味野菜や柑橘類は、
その香りで、胃腸の働きを活発にし、
体内の余分な水分である湿の排出を助けてくれます。

冷やして食べると湿を生む原因ともなりかねないので、
柑橘類などは冷蔵庫に入れずに、常温で食べるようにしましょう。

トマトやキュウリ、冬瓜などは利水作用と同時に、
身体の余分な熱も奪うものもあるので、
冷え気味の方は常温または火を通して摂るようにしましょう。

明日は湿気が多い日の養生法をお届けします。


コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹



ぽちっとお願いしますっ


ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク

はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/

ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

ご相談はいつでも無料です。

フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!


テレビ「ヒルナンデス」で紹介され大反響!
邵氏温灸器




Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.