HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >☂梅雨時期の熱中症にご用心☂

ステキに先生のコウノトリの贈り物

☂梅雨時期の熱中症にご用心☂

2015.07.14


ラブラブ最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます


そのような不妊に悩むご夫婦を


日々薬草の森はくすい堂で、


漢方、養生を中心にサポートをしてる


福岡の国際中医師・一般社団法人認定の


子宝カウンセラーステキに先生ですクラッカー







熱中症が起こりやすいのは、8月の太陽が照りつける日だとおもっていませんか?




意外や意外…梅雨時期にも熱中症になる方は多いのです。







梅雨の時期に熱中症にかかる原因のひとつに”うまく体温調整ができない”ことがが挙げられます。





8月になって暑い日が本格的に続くと、体も汗をどんどん出すようになり暑さに慣れてきますが、梅雨時期から梅雨の終わりがけは、熱くなりはじめで体もまだ暑さに慣れていません









体は汗が出ないと…上手く体温調節ができません




そしてこの状態が熱中症につながってしまうのです。



湿度が70~80%位まで上がると、さほど気温が高くなくても(25℃前後でも)熱中症にかかってしまうことがあります。









汗が乾きにくいと、身体は熱を充分に発散できずに身体の中にこもったままになってしまうのです。




この状態は…熱中症にかかりやすい危険な状態です。




≪梅雨の熱中症対策≫




①規則正しい生活をする(睡眠を十分にとる)







こまめな水分と塩分補給を心がける(何回にも分けて…)







③ウォーキングなど軽い運動で汗をかく機会を増やして、熱中症に強い身体を作る


扇風機やエアコンを我慢せずに温度調節をする








自分では水分補給ができているつもりでも、足りていない事が多いようです。








朝の起床時からこまめに水分・塩分をとるようにし、熱中症を引き起こさないように予防していきたいですね。








コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹





ぽちっとお願いしますっ



ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク



はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/




ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。



 

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

 

お問い合わせください)

ご相談はいつでも無料です。



フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!


松寿仙(しょうじゅせん、ショウジュセン)







Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.