HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >梅の香りは春一番を呼びます

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

梅の香りは春一番を呼びます

2019.02.04

おはようございます(*^-^*) 今日は『立春』ですね。春の文字だけでも気持ちが温かくなります。昨日の福岡の最高気温は20℃近く迄、上がって突風の吹く春の嵐でした。

今日は関東地方が温かくなる様です。立春早々、『春一番』が発表されるかもしれませんね。

古くからの庭の主の梅も開き始めました。清々しい香りが春を感じさせてくれます。

ヤフーニュースに掲載されている記事が目を止めました。

東京・築地の国立がん研究センター中央病院。小児病棟にある院内学級、都立墨東特別支援学校「いるか分教室」では、小学部から高等部までの10人ほどが授業を受けているそうです。入院中も学校生活を続けることができるよう支援されているそうです。

痛みがあっても薬の副作用で吐いても、「大丈夫」と言って来る子が多いのだそうです。

いるか分教室を経験した高校生の言葉に「病気というハズレくじを引いたと思っていた毎日から、素晴らしい出会いというアタリくじも同時に引いたと思えるようになったのはいるか分教室に通うようになってからだった。」という、治療中にも励みになる教室は素晴らしいです。

現状は、厚生労働省を中心とした国民運動である「健やか親子21」では、小児科等のあるすべての病院に院内学級を設置することを目標にしていても、目標達成はまだまだ難しい状況にある様です。

院内学級の設置には、都道府県教育委員会や市町村教育委員会及び学校の理解と行動だけでなく、病院の理解と協力も要されるため、設置が難しいのが現状の様です。

もっと多くの教室が増えて、勉強や仲間を通じて、希望を持って明るく生活できる様になる社会になると願います。

それでは今週もステキな毎日をお過ごし下さいませ(^^)/

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.