HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >乾燥の秋は「潤い」が大事!

ステキに先生のコウノトリの贈り物

乾燥の秋は「潤い」が大事!

2017.10.05

中医学の基礎となっている「五行説」によると、秋は「燥邪」の季節です。
 

「燥邪」とは、乾燥による人体に対する悪影響を意味します。
 

この燥邪のダメージを最も受けやすいのが「肺」を中心とする
呼吸器系です。 

中医学で言う「肺」は西洋医学の肺臓だけを示すのではなく、
気道で肺とつながっている鼻やのど、気管支、皮膚呼吸をしている
皮膚なども含めた広い意味での呼吸器系を示します。

「肺」は呼吸だけでなく、体液の代謝や体温調節機能、
免疫機能などの一部も担っています。
 

健康な人の肺は体液によって潤されているため、
水分代謝や体温調節といった各機能が
バランスよく果たせるようになっています。

しかし夏バテなどで消化機能が低下して充分な栄養が取れなくなったり、

ストレスや寝不足などで免疫力が低下したりすると、

乾燥によるさまざまな症状が現れやすくなります。

 

燥邪の影響で肺の潤いが不足すると、

血液がネバネバして血行不良になったり、

ドライアイや便秘など、呼吸器系だけでなく体全体に影響を与えることになります。



「医食同源」の言葉通り、毎日の食生活の中に、
秋の乾燥を予防する食べ物を取り入れるようにしてみてください。

自然の営みは不思議なもので、その季節の旬の食べ物が、
症状を緩和したり、予防するパワーがあります。

梨やブドウなどの果物は、不足しがちなビタミン類が豊富に
含まれているだけでなく、肺を潤してくれる食べ物です。
 

特に梨の皮には、のどや肺を潤して咳を止める生薬として
用いられます。

忙しい人には混ぜるだけで手軽に飲める「豆乳ジュース」がおすすめ。
 

豆乳2に対して、ブドウとリンゴの果汁100%ジュースをそれぞれ
1の割合でミックスします。

他に水分不足を補う食べ物に、百合根、ギンナン、サトイモや長イモ、
松の実、クルミ、豚肉、白キクラゲ、イカ、ハマグリなどがあります。

また肌荒れや冷え症などの症状がある人は補血作用のある食べ物を。
 

ひじきやアサリ、カキやイワシなどの魚介類、鶏肉や羊肉、
黒豆、枸杞の実、ニラなどの補血作用のある食べ物をメニューに
加えてください。

秋のうちに必要な栄養を取っておくことが、冬の寒さに備える
ことにもなりますから、さっそく実行してみましょう。


 

コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹

下矢印この可愛い赤ちゃんをぽちっと、応援よろしくお願いします コスモス

ぽちっとお願いしますっ

 

不妊、更年期、お肌の悩み、がん・・・どうしたらいいのあせる

【Kampo女子】 ハート4漢方 女子ハート5ハート5

「女性特有の悩み」を一緒に解決していきましょうニコニコ

 

はくすい堂の通販サイトはこちらからセキセイインコ メロンちゃんセキセイインコ メロンちゃん

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/

 

ご相談は、福岡市博多区下川端にある 「薬草の森はくすい堂 」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。

営業時間 10:30~19:00(祝日休み) (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

ご相談はいつでも無料です。 フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!)

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.