HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >“人食いバクテリア”注意報(>_<)

ステキに先生のコウノトリの贈り物

“人食いバクテリア”注意報(>_<)

2015.10.06


晴れ現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人


最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます


そのような不妊に悩むご夫婦を


日々薬草の森はくすい堂で、


漢方、養生を中心にサポートをしてる


福岡の国際中医師・一般社団法人認定の


子宝カウンセラーステキに先生です
キラキラコスモス

致死率30%、発症後2~3日で死亡することもあり“人食いバクテリア”と呼ばれる『劇症型溶血性レンサ球菌感染症』の患者数が過去最悪のペースになっています。






普段は子どもの咽頭炎やとびひなどの病気を引き起こす程度で、抗菌剤などで治癒する菌ですが、中には、さまざまな毒素を吐き出す劇症型があり“人食い”に化けるものがあります。



初期症状は手足の腫れや激しい喉の痛みなどが出ます。



その後、急激に手足が壊死する症状を起こす場合もあります。




傷口から感染するので「小さな傷だけど、傷口よりも傷の周辺がなんだか痛い」…という場合も人食いバクテリアを疑ったほうがいいようです。



感染を防ぐためには…予防対策


①ケガをしたときには、傷口から細菌感染しないように傷口をきちんときれいに洗うことが大切です。







また、傷口を露呈しないこと。


靴擦れ、水虫、深爪などの傷は絆創膏を貼っておきましょう。


腫れの急激な広がり、痛み、発熱、ふるえが出たら、集中治療室がある病院に駆け込みましょう。






②感染者のくしゃみなどで飛んできた唾液や接触でうつるため、外出後の手洗いやうがい、マスクの着用を欠かさないようにしましょう。






③免疫力が低下していると細菌感染したときに症状が進行するのが早いと言われています。





日ごろから食生活や生活習慣に気を付けて、免疫力を高めておくことも予防対策として重要です。






これを機会に食生活や生活習慣を見直し、人食いバクテリアに感染しないように予防対策をしっかりしましょう!







コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹





ぽちっとお願いしますっ



ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク



はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/




ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。



 

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

 

お問い合わせください)

ご相談はいつでも無料です。





フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!

松寿仙(しょうじゅせん、ショウジュセン)




Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.