HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >夏に多い『痛風発作』(>_<)

ステキに先生のコウノトリの贈り物

夏に多い『痛風発作』(>_<)

2015.08.24
ぶどう現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人


最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます


そのような不妊に悩むご夫婦を


日々薬草の森はくすい堂で、


漢方、養生を中心にサポートをしてる


福岡の国際中医師・一般社団法人認定の


子宝カウンセラーステキに先生です
キノコキラキラ











夏は『痛風発作』の危険性が増すので要注意な季節です。



その最大の理由は水分不足です。


<





夏は多量の発汗やエアコンの使用で体の水分量が失われるため、血中の尿酸値が上がりやすくなり、尿酸の結晶が関節に溜まり炎症をおこします。


それが、痛い痛い『痛風発作』です。(>_<)




さらに…気をつけなければいけないのが、ビールです。





夏は、他の季節に比べてどうしてもキーンと冷えたビールが飲みたくなります。








ビールを飲めば当然プリン体がかなりはいっていますし、アルコールを分解するために水分が必要な上に、




アルコール自体が尿酸値を上昇させる特徴をもっていますので…血中の尿酸値が上がりやすくなるのです。






夏の水分補給は重要です。



ただし、汗をかいたからといって果糖を含むジュースや炭酸飲料のがぶ飲みは止めましょう。






水分補給には水・麦茶・ノンカロリーのミネラルウォーターなどがよいようです。




夏の季節に注意するのは水分補給だけではありません。






春から夏にかけて食卓にのぼるカツオ・イカ・タコなどの魚介類や、そら豆・枝豆などの豆類、更には秋刀魚、海老、レバーなどはプリン体を多く含む食品です。



煮干しや鰹節にもプリン体は多いので、魚介系ラーメンのスープは飲みきらないようにしましょう。



プリン体の多い食品(魚介類)は下ゆですると、プリン体が水に溶けだすためプリン体カットになるようです。







アルカリ性食品(海藻、酢、根菜類…)を摂るのも効果的です。







夏の痛風発作の予防対策のポイントは、水分摂取と食生活の注意ですね❢








コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹





ぽちっとお願いしますっ



ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク



はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/




ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。



 

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

 

お問い合わせください)

ご相談はいつでも無料です。








フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!

松寿仙(しょうじゅせん、ショウジュセン)






Copyright (C)1976-2020 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.