HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >☂食中毒注意報☂

ステキに先生のコウノトリの贈り物

☂食中毒注意報☂

2015.06.30
流れ星現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人


最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます


そのような不妊に悩むご夫婦を


日々薬草の森はくすい堂で、


漢方、養生を中心にサポートをしてる


福岡の国際中医師・一般社団法人認定の


子宝カウンセラーステキに先生です
パンダ音譜










夏に向かって湿度や気温が高まるこれからの季節は、食中毒全体のうち90%を占める「細菌性食中毒」が、一年を通して最も多く発生する時期にあたります。




細菌にとって、梅雨は水分が豊富で、気温が高く、活動には絶好のチャンス。さらに、食品の有機物汚れ、調理器具に付いた食品汚れがあれば、それを栄養にドンドン増殖していきます。








細菌性食中毒は、食中毒細菌が食品と共に口に入り、腸管内において食中毒細菌が様々な毒素を産生したり、腸粘膜細胞内に侵入したりして、下痢、腹痛、嘔吐、発熱、頭痛、倦怠感などの症状を引き起こします。




6月以降に増える食中毒で多いのは、カンピロバクター、ブドウ球菌、ウェルシュ菌の3種類でした。それぞれの特徴をまとめてみました。



カンピロバクター

【主な原因食品】
・牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵、生乳、牛刺し、馬刺し、生ユッケ

【菌の特徴】
・家畜の常在菌のため、その生食にリスクがある
・特に鶏肉の加熱不十分が原因となることが多い
・潜伏期間が2~11日と長い









黄色ブドウ球菌

【主な原因食品】
・おにぎり、すし、御造り

【菌の特徴】
皮膚についた菌が食品へうつり食品表面で増殖
・毒素を産生する。
・潜伏期間は短く1~5時間
・耐熱性毒素のため調理加熱程度で不活化できない







ウェルシュ菌

【主な原因食品】
・学校給食・料理作り置きなどで増殖する

【菌の特徴】
・加熱調理、煮込み課程において菌が生存し、解凍時の加熱によって食品内で増殖する
・熱につよく潜伏期間は8~24時間






★食中毒を予防するには…






●料理に使う食材は、低温で保管する。
●調理の際は手を清潔に保つ。
●食品の中心部までしっかりと加熱する。
●まな板、包丁、ふきんなどは、熱湯や漂白剤で殺菌する。
食べ物と調理器具・容器を分けて作業&保存を行う。
●調理後の料理は早めに食べる、または低温で保管する。


…ことなどが重要です。






飲みかけのペットボトル、素手で握ったおにぎり、肉の生焼け、カレーなどの保存方法…等々には、十分注意しましょう❢❢



これからはレジャーやイベントなどで、外で調理や飲食をする機会が増える季節でもあります。






食中毒予防のポイントを守り、楽しい季節をお過ごしくださいね❢







コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹





ぽちっとお願いしますっ



ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク



はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/




ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。



 

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

 

お問い合わせください)

ご相談はいつでも無料です。



フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!



イスクラ 爽月宝(そうげつほう ソウゲツホウ)













Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.