HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >低温期が長引いて排卵が遅れがち・・・な相談

ステキに先生のコウノトリの贈り物

低温期が長引いて排卵が遅れがち・・・な相談

2012.10.05

皆さん、こんにちは

福岡の国際中医師・子宝カウンセラー

ステキに先生です音譜



今日のお天気は快晴です
でも、涼しさを通りこし風が冷たく肌寒いと感じます
秋はあっという間に過ぎていきますよね走る人DASH!DASH!



子宝相談で排卵までの時期が長く
生理周期がいつも遅れがちになる人がいます


基礎体温で低温期が2週間以上続くタイプの人ですビックリマーク



漢方で考えたとき低温期は
卵胞や子宮内膜が作られる重要な時期です合格合格合格


低温期に十分な滋陰養血をすることで
元気な卵子を作り、ふかふかの子宮内膜の準備をします



この低温期がしっかりと作れるようになると
元気な卵子が排卵されて
高温期に必要な黄体ホルモンの分泌も良くなりますアップアップアップ


どうしても基礎体温で高温期に目が行きがちですが
低温期をしっかり作っていくことが
高温期を維持する事になりますよと
いつも説明しています。



漢方薬では地黄や当帰、芍薬を主薬にしたものを使います

冷えが強い陽虚タイプの人は
少し温める作用のある漢方薬を併用しますチューリップオレンジチューリップ赤




若いころから生理不順で無月経があるようなタイプは
腎精不足の傾向が強いのでプラセンタ製剤 も合わせてお勧めしています






コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹

ぽちっとお願いしますっ ぽちっとお願いしますドキドキ


応援よろしくお願いします チューリップピンク

フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!
Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.