HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >卵子の質を上げる

ステキに先生のコウノトリの贈り物

卵子の質を上げる

2012.07.25

皆さん、こんにちは

福岡の国際中医師・子宝カウンセラー

ステキに先生です音譜




今日はショウキ先生の講義の内容を報告しますね



テーマは卵子の質についてです目




卵子が一番元気で、妊娠に一番適している年齢は
いくつだと思いますかはてなマーク



18歳、23歳、26歳などなど

色々な意見が出ましたが



答えは23歳だそうです!!



23-24歳でピークを迎え徐々に卵子の老化が始まります




ある統計で、世界の有名大学100校の母親の年齢を調べたら
23歳から24歳の時に生まれた子供が一番多いそうですよ叫び


これからすると、25歳前に赤ちゃんを産むと
優秀な子供が生まれるということになりますねひらめき電球




最近問題になっているのが


女性の老化が早まっていることです


原因はいろいろ考えられますが
一番の問題は、女性の初潮が早まっていることです




ちょっと前までは12歳くらいが初潮年齢でしたが

今は10歳くらいに生理が始まる子が増えています目




豚や牛肉、卵などは、早く育てるためにいろいろなホルモン剤が使用されています

それを食べ続けると間接的にホルモンが人の身体に蓄積されます


初潮の低年齢化の原因は、食生活の西洋化があげられているのはその為です。





又植物で考えた時、あまりに肥料が多すぎると
良い植物は育ちません。


卵子でも同じようなことが言え、
カロリー過多の食事をとっていると

細胞の糖化が進み、結果卵子の老化を招く事になります。


和食中心の粗食の方が元気な卵子を育てますクラッカー





私のママ予備校でも睡眠や食生活についてノートに記録して頂きながら、
妊娠しやすい身体づくりの指導をしています。

これって本当に大切なことだと改めて思いましたラブラブ





コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹

ぽちっとお願いしますっ ぽちっとお願いしますドキドキ


応援よろしくお願いします チューリップピンク

フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!
Copyright (C)1976-2020 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.