HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >耳鳴りのお話 パート2

ステキに先生のコウノトリの贈り物

耳鳴りのお話 パート2

2012.05.15

皆さん、こんにちは
福岡の国際中医師・子宝カウンセラー
ステキに先生です音譜


先日の勉強会の内容をご紹介しますチューリップ黄


中医学で考える耳鳴りは
実と虚に分けられます



外部から邪が侵入して起こる耳鳴りを実と考えます


この耳鳴りの特徴は
突然起こることが多く、音も大きく発熱することもあります
若い人に多く見られますビックリマーク


虚の耳鳴りとは
内臓機能の衰えで
身体の精、気、血、津が不足して起こるタイプです


この耳鳴りの特徴は
徐々に始まり、かすかな音で断続的に聞こえます
中高年の人に多くみられます!!



殆どの耳鳴りは
漢方でいうところの腎の機能の衰えが前提条件となります目


しかし耳は腎のだけでなく
そのほかの内臓の経脈と通じていますので
腎以外の内臓の状態も耳の機能に影響します


ところで

皆さんは知ってますか?

私は知らなかったのですが

音の信号は内耳の有毛細胞により

電気信号に変換されて、脳に送られるそうです


この有毛細胞は約20000個ありますが

一度破損すると、再生できないそうです


大事にしないといけませんねラブラブ





コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹

ぽちっとお願いしますっ ぽちっとお願いしますドキドキ


応援よろしくお願いします チューリップピンク

フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!
Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.