HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >ストレスと漢方 パート3

ステキに先生のコウノトリの贈り物

ストレスと漢方 パート3

2012.03.15

ストレスと漢方について
前日の漢方講習会の内容を
ブログに載せつつ復習してますグッド!


ストレスが脾に及ぶと


集中力が続かなかったり
記憶が混乱したり
ぼうーとしたりしますシラー


思傷脾
あまりに思い悩むと脾を傷つけます


またストレスが腎に及ぶと
怖い夢を見たり
恐怖感が強くなったりしますガーン


恐傷腎
恐怖感が腎を傷つけます


次にストレスが肺に及ぶと
悲し気持ちになったり
泣きたくなったりしますしょぼん


悲傷肺
悲しみ続けると肺を傷つけます


このようにストレスは
五臓に大きな影響を及ぼしますビックリマーク


店頭では下記のような症状の人が多く見えます


寝つきが悪く眠りが浅い又夢が多い
動悸やいらいらして落ち着かない
口渇があってときに口内炎ができる
手のひらや足の裏のほてりや寝汗
腰や膝がだるいなどの症状
舌質は暗紅で乾燥・舌苔は少ない。


心腎陰虚の状態です


こんな時に一番使う漢方薬は

天王補心丸 です



ステキに先生のコウノトリの贈り物

ぽちっとお願いしますっ ぽちっとお願いしますドキドキ


薬草の森はくすい堂 フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!

Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.