HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >秋に多い不眠

カンポー先生のガン漢方よもやまばなし

秋に多い不眠

2016.10.17

秋に意外に多いのが不眠です。

 

暑さが和らぎ、眠りやすくなると思われがちですが、

 

夏の 疲れをためこんだ心身は、変調をきたす人が

 

多く、その為、 不眠を訴える人が多くなる季節です。

 

蒸し暑いような涼しいような気温、人事異動などのある

 

時期 であったり、夏の疲れに加えてストレスも多く、

 

季節的にも 「陽」から「陰」に移っていて、気持ちも

 

内向きになりやすい です。

寝ても疲れが取れない、夢が多く熟睡できない方などの

 

睡眠障害がでやすい秋に役立つのが、救心の

 

「救心感應丸気(きゅうしんかんのうがんき)」です。

 

うつや自律神経失調症などのメンタルな疾患に使われる

 

感應丸気ですが、寝る前に3粒なめると不安感イライラ

 

落ち着いて眠りにつきやすくなりますぐぅぐぅ

 

中に含まれる生薬に「麝香(じゃこう)」が十二経絡すべてを

 

開く貴重な開竅薬です。

 

この麝香ですが、貴重な生薬故に乱獲されて激減してしまい、

 

2000年にはワシントン条約によって麝香の取引は全面禁止と

 

なっています。当面の間の生薬確保は出来ているらしいのですが残念な限りです。

 

 

秋の夜長に眠れずにお悩みの方は是非、お試しになられてみて 下さいね。

 

 

 

Copyright (C)1976-2018 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.