HOME>カンポー先生のガン漢方よもやまばなし >女性の病気「子宮内膜症」

女性の病気「子宮内膜症」

2014.03.20

女性の病気「子宮内膜症」

子宝相談

今日は女性の病気「子宮内膜症」についてお話します。

子宮内膜症とは、

子宮内膜という子宮の内腔を覆っている赤ちゃんのためのベットとなる膜が、
子宮の中以外で増えてしまう病気です。


30代の女性に一番多く、20代くらいから注意が必要ですよ。


月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われています。

月経の数が多ければ多いほど(つまり妊娠・出産が減り、初潮年齢が早くなるほど)

発育してしまいます。


昭和40年代に比べると患者数は実に3倍にも増えています。


この病気の特徴は生理痛が年々ひどくなること。

9割のヒトに月経痛があるといわれます。



  • LINEお友だち追加で使える!300円・500円クーポンプレゼント
  • 1のつく日はポイント最大20倍

全国からお電話でご相談・ご注文を承っております。

  • 長尾本店
    0120-8931-81

    営業時間:10:00~18:00(日祝除く)

  • リバレイン店
    0120-8931-15

    営業時間:10:30~18:30(日・祝除く)

Copyright (C)1976-2021 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.