HOME>お悩み別漢方 >体臭

体臭

皮膚の付属器官として、汗腺と呼ばれるものがあります。この汗腺には、アポクリン汗腺(大汗腺)エクリン腺(小汗腺)の2種類があります。

エクリン腺は、皮膚表面に開口しており皮膚全体にあります。
アポクリン腺は、腋窩、乳うん、さい窩の周囲、肛門といった特定部位にしかみられません。
エクリン腺は、暑いときには多量の汗を出し、寒いときには汗を少ししか出さないといったように、体温調節をおこなっています。また皮脂と混ざり合って皮脂膜を作ったりしています。
アポクリン腺は、精神的なことによって汗をかきます。そして汗をかくことで脂肪分も一緒に排泄され、それが細菌などと混じり異臭を放ってしまうのです。

体臭の症状

体臭には個人差があります。

体臭の治療

清潔に保つことを心がけるようにします。

漢方での診断

体臭は食べ物の影響や、体質によっても変わってきます。疲れていたり、お肉ばかりを食べていても体臭がするものです。野菜が足りない人、野菜嫌いな人にもあてはまることがあります。
漢方では、体に余分なものが溜まっている『痰』、『湿』、つまり、粘っこいものが溜まりやすい人が、汗にニオイがあったり体臭がしたりすると言っています。
血液をきれいにして、油物を控えてたくさん野菜をたべるなど、食事指導を受けながら改善に導きます。

  • LINEお友だち追加で使える!300円・500円クーポンプレゼント
  • 1のつく日はポイント最大20倍

全国からお電話でご相談・ご注文を承っております。

  • 長尾本店
    0120-8931-81

    営業時間:10:00~18:00(日祝除く)

  • リバレイン店
    0120-8931-15

    営業時間:10:30~18:30(日・祝除く)

Copyright (C)1976-2021 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.