HOME>お悩み別漢方 >帯状疱疹

帯状疱疹

西洋医学での診断

水痘にかかったときに、ウイルスが知覚神経節に潜伏感染しています。抵抗力などが低下したときに、知覚神経節に潜伏していた帯状疱疹ウイルスが再び発生し、神経を通り皮膚に感染し、発赤を伴う小水疱を作ります。
それを帯状疱疹といいます。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹ウイルスにより起こります。

帯状疱疹の症状

  • 高熱
  • 発赤を伴う小水疱が発生する
  • 発赤は神経の走行に添ってできる
  • 片側性に発生する
  • 神経痛を伴う
  • 水疱は、数日後には帯のような形に並ぶ
  • 水疱から膿庖となり、黒褐色の痂皮を作る
  • 帯状疱疹が耳の中にできると、聴力が衰えたり、顔面神経麻痺を起こすことがある

帯状疱疹の治療

  • 薬物療法
    抗生物質、非ステロイド剤などの軟膏を塗布します。
  • 抗ウイルス薬の点滴
    痛みに対しては消炎鎮痛剤を使用します。
  • 安静に保ちます。
  • その他
    入浴は1週間くらいは避けます。その後体等洗う場合には、強く洗うことは避けます。

漢方での診断

この疾患は、疲れたり、ストレスが溜まったりして免疫が落ち、抵抗力が下がると発病します。
発病しないように、常に免疫を正常に保つ必要があります。

  • LINEお友だち追加で使える!300円・500円クーポンプレゼント
  • 1のつく日はポイント最大20倍

全国からお電話でご相談・ご注文を承っております。

  • 長尾本店
    0120-8931-81

    営業時間:10:00~18:00(日祝除く)

  • リバレイン店
    0120-8931-15

    営業時間:10:30~18:30(日・祝除く)

Copyright (C)1976-2021 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.