HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >女性特有の【血の道症】

ステキに先生のコウノトリの贈り物

女性特有の【血の道症】

2016.06.26
現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人

最新のデータ―では6組に1組のカップルが不妊で悩んでいます

そのような不妊に悩むご夫婦を

日々薬草の森はくすい堂で、

漢方、養生を中心にサポートをしてる

福岡の国際中医師・一般社団法人認定の

子宝カウンセラーステキに先生です
ドキドキ




「血の道症」とは、江戸時代から用いられてきた漢方医学独自の病名で、

月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性ホルモンの変動に伴って現れる
憂うつや情緒不安定などの精神神経症状および月経異常など身体症状を示します。
 
具体的には、
イライラ、のぼせ、頭痛、動悸(どうき)などが挙げられます。

月経前に起こるこれらの症状は、西洋医学では「PMS」(月経前症候群)と呼ばれています。
 
また、こうした症状の多くは「更年期障害」と似ています。
 
平均51歳で訪れるといわれる閉経期の女性が、
女性ホルモン(エストロゲン)の減少に伴ってホルモンバランスを失い、
不都合な症状が起こるのが更年期障害なのに対し、

血の道症の場合は、更年期という年齢的なものに限らず
ホルモンの失調や血液の循環が悪いものを含んでいます。
 
原因としては、血の滞りである瘀血(おけつ)による場合が多いと考えられます。
 
月経、妊娠・出産、閉経など、女性とホルモンバランスの変化は切っても切り離せません。
 
血の道症のさまざまな症状で悩んでいる方は、功を奏することが多い漢方薬を試してはいかがでしょうニコニコ


コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹



ぽちっとお願いしますっ


ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク

はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/

ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

ご相談はいつでも無料です。

フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!


テレビ「ヒルナンデス」で紹介され大反響!
邵氏温灸器









Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.