HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >☂梅雨の時期の体調不良☂

ステキに先生のコウノトリの贈り物

☂梅雨の時期の体調不良☂

2016.06.08
現在不妊治療を行っているご夫婦は46万人

最新のデータ―では7組に1組が不妊で悩んでいます

そのような不妊に悩むご夫婦を

日々薬草の森はくすい堂で、

漢方、養生を中心にサポートをしてる

福岡の国際中医師・一般社団法人認定の

子宝カウンセラーステキに先生です
ドキドキ




梅雨になるとじめじめして、朝夕の温度変化が大きいので、
体がだるくなったり、疲れやすくなったりしますしょぼん

梅雨の時期によく見られる体調不良としては、

気分が憂鬱になる
風邪をひきやすい
カゼ
頭痛や食欲不振などがあります。

じめじめ、つまり「湿」が体調に影響を及ぼしやすいので
もともと水の巡りが悪い水毒体質の人はより一層影響を受けやすいのですダウン


また、五臓の脾(ひ)は湿に弱く
湿があると胃を傷めやすいので、食生活に注意が必要です。

食欲がないからといって、そうめんやお茶漬けばかり食べるような食習慣はやめましょう。


余計にむくみやすくなり、だるさが増します

また、栄養学的にも、暑さに強い体を作るにはタンパク質や脂質が必要です


血や肉になるのは炭水化物ではなく、
タンパク質や脂質なので、お肉やお魚、乳製品などを進んで取るようにすれば、
血液の質がよくなって脱水などになりにくくなります。

また、薬膳的には

みょうが
らっきょう
うど
生姜


など香りのよいものをお肉やお魚に組み合わせると、
食べ物の消化を助け、よりおいしく頂けます



梅雨の時期にうどや新生姜が旬であるのは、
まさに天の恵みといえるでしょうクローバー

漢方治療の原則は
湿をとって、気の流れを良くすることです黄色い花

水毒に対する処方の代表である五苓散(ごれいさん)、
気鬱を改善する平胃散(へいいさん)胃苓湯(いれいとう)などが使われます。

脾虚(ひきょ)があるときは六君子湯(りっくんしとう)も効果的です。

漢方医学でいう『湿邪』(体に害となる湿気)に取りつかれると
とにかく逃れにくいので

素早く漢方薬を飲むのがおすすめです星



コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹



ぽちっとお願いしますっ


ぽちっと

応援よろしくお願いします チューリップピンク

はくすい堂の通販サイトはこちらから

http://yakusou.shop2.makeshop.jp/

ご相談は、福岡市博多区下川端にある

薬草の森はくすい堂
」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。

営業時間 10:30~19:00(祝日休み)

 (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

ご相談はいつでも無料です。

フリーダイヤル0120-8931-15(ハクスイへいこ~!


テレビ「ヒルナンデス」で紹介され大反響!
邵氏温灸器









Copyright (C)1976-2019 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.