HOME>ステキに先生のコウノトリの贈り物 >AMH検査って??

ステキに先生のコウノトリの贈り物

AMH検査って??

2016.10.10

不妊治療において、注目されているのがAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査です。

 

AMHは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。

 

原始卵胞(卵巣内で待機している卵胞)が少なくなってくると、(卵巣予備能の値が低くなると)、AMHの値が低くなります。

 

AMHの値は、卵巣にあとどれくらい卵子が残っているのか、すなわち、卵巣予備能と呼ばれる”卵巣年齢“を知る目安になるというわけです目


『AMH=妊娠率』ではない。
 
よく誤解されるのが、AMH値が低い=(イコール)妊娠率も低くなると思われがちなことですダウン

 

 よく当店にも、「AMH検査の数値が低いと言われた…」と病院の帰りに、今にも泣きそうな顔をしてご相談にお見えになる方がいらっしゃいますぐすん汗

 

ほとんどゼロに近い数値でも自然に妊娠・出産している人はたくさんいますクラッカー

 

受精卵さえできれば、その人の年齢なりの妊娠率はきちんと出ますキラキラ

 

重要なのは、その受精するまでの利用できる卵が残っているかどうかが問題で、その卵が残っているかどうかを判断するのがAMH検査なのです。

 

要するに、AMHは妊娠率を語りません。

 

卵の数が少ないということは妊娠率が低くなるということではなく、不妊治療をできる期間が限られてくる、ということを示すのであって、「AMHが低いからほとんど妊娠できない」ということではありませんパー

 

男性は毎日精子をつくり続けていますが、女性は生まれたときから卵巣内にすべての卵子がすでにあって、新たにつくることはないと言われています。

 

女性の卵巣内にある卵子になる元の細胞を原始卵胞といいます。

 

生まれる時には約200万個くらいあるそうです。

 

それ以降、成長に伴って、その数はどんどん減っていき、思春期を迎え、生理が始まる頃には、だいたい、20万個から30万個になります。

 

そして、いよいよ、生理が始まると、1回の周期に約1000個の原子卵胞が目覚め、発育を開始します。

 

ただし、たとえ、目覚めたとしても、排卵の周期にはその中の約20個が選ばれ、最終的に成熟し、排卵するのは1個(主席卵胞)だけですポーン

 

残りはすべて消滅してしまいます。

 

このように、卵巣内の原始卵胞は年齢とともに、一緒に年をとり、その数は減り続けるのです。

 

男性が年をとっても、新鮮な精子が常につくり続けられているのに対して、女性が年をとると、卵子の質も低くなり、その量も減ってしまうというわけです。

 

後々、後悔しないためには、どんな治療法が自分たちの価値観に合っているのか、

AMH値は、自分たちにふさわしい治療方針や治療法を選択するうえで、とても大切な材料になると思いますニコニコラブラブ

コウノトリさん、妊活の皆さんに早く赤ちゃんを運んでくださ~い虹

下矢印この可愛い赤ちゃんをぽちっと応援よろしくお願いします コスモス

ぽちっとお願いしますっ

はくすい堂の通販サイトはこちらからハロウィン

http://yakusou.shop2 .makeshop.jp/

ご相談は、福岡市博多区下川端にある 「薬草の森はくすい堂 」で承っております。 

ご相談は予約制となっております。

営業時間 10:30~19:00(祝日休み) (漢方の研修などにより休みが変動することがございます。)

ご相談はいつでも無料です。 フリーダイヤル0120-8931-15ハクスイいこ~!)

 

 

Copyright (C)1976-2018 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.