ページ
先頭へ


ホーム > 癌と免疫の漢方相談 > ガンの治療法

癌と免疫の漢方相談

ガンの治療法

ガン治療の種類

ガンの三大療法

ガンの治療法には、「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3種類があり、これらの治療が標準的な治療法となっています。この3種類の治療法は「三大療法」と呼ばれています。
また、ガンの進行状況や種類に応じて、2つ以上の治療法を組み合わせて治療を行う場合があり、このことを「集学的治療」といいます。

以下には、「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」とその他の治療法をご説明しています。

手術療法について

ガンの病巣を切除し、その臓器の周辺組織やリンパ節に転移があれば、一緒に切り取ります。
早期のガンや、ある程度進行しているガンでも、切除可能な状態であれば、手術療法が積極的に行われます

■メリット

ガンのかたまりが一気に取れることと、検査ではわからないごく小さな転移(微小転移)がなければ完治の可能性が高い

■デメリット

体にメスを入れるため、創部(キズ)の治癒や全身の回復にある程度時間がかかり、切除した部位によっては臓器や体の機能が失われることもある

■問題点

  • 創部(キズ)の治癒と全身の回復に時間がかかる
  • 臓器を切除することによって、臓器や体の機能が失われることがある
  • ごく小さな転移(微小転移)は治療できない
  • 手術不能な場所にできたガンには適応しない

化学(薬物)療法

主に、抗ガン剤によってガン細胞を死滅させたり、増殖を抑えたりする治療方法です。
抗ガン剤の投与方法は、点滴や注射、内服です。

■メリット

血液を通して全身をめぐるため、ごく小さな転移にも効果がある

■デメリット

脱毛、吐き気、倦怠感、しびれ感など、副作用の症状や、肝臓や腎臓、造血器官などへの障害が避けられず、患者さんにとってつらい治療になりがち。
乳ガンや子宮ガン、前立腺ガン、甲状腺ガンなど、ホルモンが密接に関わっているガンに対しては、「ホルモン療法(内分泌療法)」がよく行なわれる。
特定のホルモンの分泌や作用を抑制することで、ガン細胞の活動を抑えて腫瘍を小さくしたり、転移や再発を抑えたりする。副作用は比較的少なめだが、長期間治療を続ける必要がある。

■問題点

  • ガン細胞以外の健康な細胞にも悪影響を与えるため、さまざまな副作用があらわれる可能性がある
  • ガンの種類によっては、抗ガン剤の効果が現れにくい
  • 高額な薬を長期に渡って使用する場合もある

放射線療法

ガンの病巣部に放射線を照射して、ガン細胞を死滅させる局所療法
治療前の検査技術や照射方法の進歩によって、ガンの大きさや位置を正確に測り、その部分だけに集中的に照射することが可能になって、効果は格段に向上している。
また、体の外側から放射線を照射する「外部照射」だけでなく、放射線を出す物質を密封した針やカプセルを病巣部に挿入する「密封小線源治療」、放射性物質を注射や内服で投与する「放射性同位元素内用療法」がある。
照射する部位によっては、一時的に皮膚や粘膜の炎症症状などの副作用が現れることもある

■メリット

その部分だけに集中的に照射できれば、効果がある

■デメリット

疲れる、食欲がなくなるといった全身の症状が出ることもあるが、放射線治療の主な副作用は、治療される部位に起こってくる。
副作用が出てくる時期は、放射線治療中または終了直後のもの(急性期)だけでなく、終了してから半年から数年たった後からのもの(晩期)がある。

■問題点

  • 放射線の影響により、照射部分の炎症症状などの放射線障害が現れる
  • めまい、食欲不振などの全身症状が現れることもある
  • 密封小線源治療、放射性同位元素内用療法では、一部、行動の制限が必要

その他の療法(治療できる病院が限られる場合がある)

○陽子線治療・重粒子線治療

子線治療・重粒子線ガン治療装置は炭素イオンを高速で照射し、エネルギーをガン病巣に集中させるため、正常組織を傷つけずにガン細胞を破壊します。高度先進医療の扱いで、診察や検査費用には健康保険が適用されますが、高額です

○MRガイド下集束超音波手術

MRI(磁気共鳴画像装置)で、腫瘍の位置を確認しながら200本以上の超音波ビームを病巣部に集中照射し、腫瘍細胞を死滅させます。ピンポイントに患部を狙って破壊するので、表面の皮膚や周辺の組織を傷つけないのが特徴で、回復も早いようですが、保険が適用されないので、高額です。現在、乳ガンや子宮筋腫の治療に用いられております。

○免疫療法

免疫とは、体の中に異物(抗原)が入るとそれを排除して体を守ろうとして抗体ができます。普段、ガン細胞に対しても免疫は働いています。免疫物質を補って、他の治療法とあわせて効果を発揮させようとするのが免疫療法です。胃ガン・結腸ガン・直腸ガン・小細胞肺ガン・成人骨髄性白血病・腎ガン・多発性骨髄腫・悪性黒色腫など多くのガンが対象です。

○骨髄移植

化学療法や放射線療法を行うとき、副作用として白血球や血小板が減ることが一番の問題です。白血病・悪性リンパ腫など白血球や赤血球、血小板を造る造血幹細胞の機能を回復させるために、骨髄移植を行うことがあります。

○ホルモン療法

ホルモンを与えるとよく発育するガンに対して行われる治療法です。
ホルモンを分泌している臓器を手術で除去してホルモンの分泌を止めたり、ホルモンと反対(拮抗)の働きをするホルモンを、経口剤や注射で投与し、ガン細胞の発育を阻止しようとするものです。乳ガン・子宮体ガン・前立腺ガンなどが対象です。

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安