ページ
先頭へ



女性の漢方相談

不正出血

西洋医学での診断

婦人科疾患における不正出血とは、性器からの不正な出血すなわち月経以外の出血のことを表します。

不正出血部位

子宮、膣、外陰、卵管といった部位が挙げられます。

不正出血部位別原因

■子宮

  1. 子宮の器質的疾患による出血
    • 子宮膣部びらん
    • 頸管ポリープ
    • 子宮筋腫
    • 子宮ガン
    • 卵管ガン

    妊娠中の状態での異常としては、流産、早産、前置胎盤などがあります。

  2. 機能性子宮出血
    • 内分泌機能の失調(性ホルモンの失調)。特に思春期や更年期では、ホルモンバランスが崩れる時なので起こりやすいです。
  3. 全身性疾患に伴う出血
    • 血液疾患にかかったとき
    • ビタミンC欠乏症
    • 急性伝染病
    • 子宮ガン
    • 敗血症。この疾患にかかった場合にも、子宮出血がみられることがあります。

■膣、外陰

炎症、腫瘍、外傷

不正出血の症状

性器から、月経以外に出血します。出血量は、出血の原因によります。微量出血から大量出血をするものまで様々です。

不正出血の治療

安静にします。出血があれば、T字帯などを施し、病院を受診してください。
妊娠中の場合であれば、流産などの危険も考えられるため、救急車を呼び直ちに病院へ行きましょう。

漢方での診断

不正出血は、まずは病院へ行って検査を受ける事をお薦めします。
不正出血は、体質によっても原因が異なりますので、きちんと検査をした後にご相談ください。
検査後に原因はわからないけど出血をしている場合は、ホルモンのバランスが崩れていると考えられます。

■元気の気が足りないタイプ

血(けつ)は元気の気によって、血管の外へ出て行かないように守られています。その気が不足すると出血することがあります。

症状としては、だるい、疲れやすい、風邪をひきやすい、生理前に眠くなる、いつのまにかあざができている、眠れない、クヨクヨと悩む、不安感がある、生理が始まらない、またなかなか終わらず長く続くなど。
出血の色は薄茶色です。

■熱症状や熱がりタイプの出血

漢方では、血に熱がこもると出血する『血熱症』という症状があります。
血熱による出血がみられ、肌にニキビや赤い炎症を起こしやすく、のぼせやイライラ、脂っこいものや甘いものを好む傾向があります。生理が早く始まってしまう、高温期が高く微熱傾向にある場合もこのタイプです。
色は鮮血で、真っ赤なのが特徴です。

妊娠しやすい身体作りプログラム 「ママパパ予備校」開講中!
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安