ページ
先頭へ


ホーム > 女性の漢方相談 > 子宮腺筋症

女性の漢方相談

子宮腺筋症

西洋医学での診断

子宮内膜症の1つです。

子宮内膜症とは、子宮内膜又は子宮内膜様組織が、子宮体部内腔以外の場所に増殖しているものをいいます。その内膜が子宮筋層に限局したものを子宮腺筋症といわれます。
子宮内膜症には、内性子宮内膜症(子宮腺筋症)外性子宮内膜症があります。

子宮腺筋症の原因

卵胞ホルモンの過剰分泌ではないかと考えられていますが、現在のところ確定的なことはわかっていません。

子宮腺筋症の特徴

  • 妊娠経験のない人
  • 30歳代

子宮腺筋症の発症部位

子宮体部筋層内に最も多く見られます。次いで卵巣、ダグラス窩腹膜などです。

子宮腺筋症の症状

  • 子宮増大
  • 内診上、子宮筋腫のように触れることができる
  • 月経時出血
  • 続発性月経困難症
  • 激しい月経痛
  • 重い下腹部痛
  • 月経時以外の腰痛
  • 性交痛
  • 排便痛
  • 月経時以外の腰痛

子宮腺筋症の治療

  1. ホルモン療法
    • 偽妊娠療法
      妊娠をすることでこれらの症状が軽減することから、黄体ホルモンを長期間投与し偽妊娠状態を作り治療します。
    • 偽閉経療法
      下垂体の性腺刺激ホルモン分泌作用を抑制する薬物(ダナゾール、ブセレリン)などを長期間投与して治療します。
  2. 手術療法
    • 単純子宮全摘出術
    • 卵巣摘出術

漢方での診断

「子宮腺筋症は治らない」と言われ、ショックを受ける女性も多くいらっしゃいます。原因不明ですが、私が考えるのは「免疫力の低下」が多くを占めているように思います。免疫力が低下させる主な原因としては、以下のようなことが挙げられます。

  1. 食べ物が脂っこい、高タンパク、野菜不足 → 血液をドロドロにします。
  2. 睡眠不足、夜中まで起きている
    → 免疫の生まれ変わりは、10時~2時の4時間が多いと言われています。その時間帯に起きていると免疫が下がると思われます。
  3. 冷えている、冷えている部分の免疫が上がりにくい
    → このような病気を抱える方のほとんどが、冷えを感じています。生理前におなかが冷たくなる、下痢をする、靴下をはかないと眠れない、など。
  4. ストレスがある
    → ストレスは免疫を下げます。精神的な負担を抱えている人、クヨクヨして落ち込みやすい、責任感があって頑張り屋さん、幼い時に厳しく育てられて緊張感が常にある、など。
  5. 甘いもの、せんべい、お餅類などが大好き → 炎症体質にします。

このような免疫が下がる原因を改善し、ストレスにも負けない体をつくり、冷えや血液状態を良くし、マクロファージを活性化するものを服用する事により、改善に導きます。

妊娠しやすい身体作りプログラム 「ママパパ予備校」開講中!
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安