HOME>体験談 >神経性胃炎

神経性胃炎

【相談者】 61代 (男性) ※※様 身長172cm 体重67kg

神経性胃腸不良について相談します。
20年も前からの消化不良ですが、神経性だと思います。
毎日食事の後は消化がうまく出来ず体の力が抜けて、肩や後頭部辺りが重い感じがします。
なのでいつも消化剤を飲んでいますが、今の症状に合う薬はありますか?
腹部は冷たい、軟便気味、ストレスを受けやすく我慢するタイプです。
酒や煙草はまったくしません。食事は主にご飯と野菜です。肉はあまり食べません。
他に病気もなく、飲んでる薬は消化剤とビタミン剤だけです。
はくすい堂のHPで胃腸薬の種類が多いですが、どれを選べばいいのか分からず相談します。よろしくお願いします。

【はくすい堂の回答】

お客様の不調の原因は、胃の冷えと神経性の胃腸炎だと思います。
食べること、消化すること自体で、疲れてしまうタイプです。
消化したり、食べ物を腸へ送ったりするためには、消化管自体に体力が必要で、ある程度温かい環境が必要です。
消化管や胃なども一つの筋肉なので、その筋肉の血の巡りが悪いと全体が冷えるし、動きが悪いし、無理に動かして疲れてしまいます。
このようなことを繰り返すと、食べるたびに疲れ、疲れるので食べられなくて、体力も気力も減退の一途をたどります。
漢方では、【漢方薬Y】という漢方で胃の血の巡りを良くして温めて消化したり、食べ物を送ったりする能力を高めます。
それからストレスで、胃腸の血流が悪くならないように【漢方薬A】を併用します。
この【漢方薬A】は、ストレスの軽減と共に胃腸そのものにも働きますので、先ほどの【漢方薬Y】と合わさってお客様のような症状の人には大変人気の組み合わせです。
お客様は、61歳で高齢ではありませんので、半年から10カ月飲まれたら、改善すると思います。
二種類を一日三回満量飲んで下さい。その間、軽い運動を毎日続けて早く寝ることもオススメします。

Copyright (C)1976-2018 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.