HOME>体験談 >皮膚疾患

皮膚疾患

【相談者】 40代 (女性) ※※様 身長160cm 体重55kg

去年の冬から何の前触れもなく蕁麻疹が出始めて、今でも困っています。
初めは冷水で皿洗いをしていたら、手が急に痒くなり熱もあったので何だろうと思い、よく見てみたら丸い蕁麻疹がぽつぽつといくつか浮かび出ていました。
最初は変だなと思い何気なく過ごしましたが、皿洗いやご飯の支度をするたびに同じ症状が出て、だんだん酷くなって行きました。
しかも外で冷たい風を当たるとすぐ顔が熱くなって痒みと共に肌も真っ赤になり人目が気になって外に出るのも嫌になりました。 
ネットで良く調べたら寒冷蕁麻疹という症状とすごく似てて相談します。
皮膚科の薬は飲みたくありません。
漢方薬で改善できるものを教えてください。
今の時期、冷たくもない水でも皿洗いを長くしていると冬ほどではないですが、小さい蕁麻疹がぽつぽつと出て痒いです。
これから夏の冷たいシャワーも気持ち良く出来ないと思うし、冬になって、去年と同じ症状が出たらどうしようと心配です。私に効く薬はありますか。
毎日晩酌でビールを飲むのが楽しみです。もしかしてお酒のせいでこうなったのでしょうか?

【はくすい堂の回答】

お客様の仰る通り、寒冷蕁麻疹だと思います。
ただし、蕁麻疹には、親譲り(遺伝)のものとそうでないものがあります。
遺伝の場合は、親が1.蕁麻疹、2.鼻炎、3.喘息、4.目から涙がでる、の4つの症状のどれかがある場合です。
逆に言うと蕁麻疹の遺伝は、蕁麻疹からだけ起こるわけでなく、上記の4つの症状のいずれかがあれば、アレルギー体質なのです。
それは100%遺伝します。もしも、遺伝であるならば、時間がかかります。 
また、今は寒冷蕁麻疹ですが、将来、残りの3つの症状がでるかもしれません。
そのことをご理解いただき、根気強く漢方治療をして下さい。
おすすめするのは、【漢方薬A】と【漢方薬B】です。
特に【漢方薬B】の効能覧には、体力が中等度以上の人の皮膚疾患で、かゆみが強くて分泌物が多く、ときに局所の熱感があるものの次の諸症状:湿疹・皮膚炎、じんましん、水虫、あせも、とあります。まさにお客様のための薬と言ってよいです。
ビールがお好きだということですが、ビール(麦、特にホップ)は痒みを増します。
できれば、焼酎とかの蒸留酒に変えられてはいかがですか。
一方、遺伝でなくアルコールが多すぎて肝臓が弱っている場合も皮膚疾患が多発します。
これは遺伝でなくても多発します。
この場合は、キッパリお酒をやめるほうがいいです。
いずれにしても、漢方は同じものを飲みます。

Copyright (C)1976-2018 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.