HOME>沿革

沿革

はくすい堂の歴史

1958年
(昭和33年)
漢方に興味を持ち研究を始める。
以後二十年間薬局距離制限のため開局できない時代。
そのような中、薬剤師の先代が漢方治療に興味を持ち自然な植物での医学を目指して研究を始めた。
1958年
~1976年
(昭和33年~昭和51年)
九州漢方研究会、正当漢方研究会、その他メンバーとなり漢方治療研究の最前線に立ち、研究を続けた。

現在と違い、通信や保険医療制度が整っていなかったため、研究は大変手間がかかり苦悩の連続だったが、独自の漢方観(食事療法、無農薬野菜、漢方治療)を中心に、はくすいの漢方治療を確立していった。
後に薬局となるために、福岡市西区長尾花町(現在の城南区長尾一丁目)に小さな雑貨・食料品店からスタートする。まだ、木造家屋の店頭に公衆電話があり10円玉で3分は通話できた時代。
後(平成30年)に、この施設が「漢方スクエアー」となる。
1976年
(昭和51年)
薬局の距離制限があったのが撤廃された翌年、(当時は近所に薬局があると、その地域は別の薬局を営業できなかった)待望のはくすい堂が誕生した。
当時、殆どなかった保険調剤に漢方薬を使用。
1977年
(昭和52年)
当時まだ珍しかった「食養生」を取り入れ、無農薬野菜や自然な食材を手に入れるため奔走。
日本では屈指の「自然食の会」会員となり、無農薬野菜の普及に貢献。
1978年
(昭和53年)
当時珍しかった「漢方専門相談薬局」として、漢方の種類の多さと漢方相談でマスコミにも取り上げられた
1990年
(平成2年)
有限企業だった「はくすい薬局」を株式会社化し、幅広い漢方供給薬局となる
1994年
(平成6年)
福岡市中央区梅光園に「うさぎ薬局」オープン(内科・小児科中心)
1998年
(平成10年)
・アロマテラピーを取り扱うロンドンにて研究し、日本に持ち帰る。
・アロマテラピーを医療にというテーマで研究会を開催し、医療機関に提案。
当時は革新的で、各種マスコミから取材される。
2000年
(平成12年)
当時珍しかったインターネットによる漢方相談サービス開始。
楽天市場の漢方薬の0.04%が当店利用者、つまり楽天で漢方薬を購入する方の250人に1人は当社のお客様だった。
2001年
(平成13年)
楽天に続き、ヤフー、その他ネットモールに出店
2003年
(平成15年)
社長、専務の2名が4年間の勉強後、中国政府主催の国際中医師資格を受験し合格する
2004年
(平成16年)
福岡市中央区天神「天神らいおん薬局」オープン(心療内科中心)
2010年
(平成23年)
福岡市中央区笹丘に「ひつじ薬局」オープン(泌尿器科中心)
・「子宝カウンセラーの会」カウンセラーとなる
2011年
(平成24年)
福岡市博多区に漢方専門相談「薬草の森はくすい堂 博多リバレイン店」オープン
2012年
(平成25年)
お客さま向け中医学の講座を開設
2014年
(平成26年)
中国瀋陽の遼寧中医大学と共同研究提携を行う
2015年
(平成27年)
九州中医薬セミナーの講師就任
2018年
(平成30年)
福岡市中央区小笹に「山の上カナリア薬局」オープン
2018年
(平成30年)
本社を大幅リニューアルし昭和47年(1976年)築の木造家屋を本店にした。
福岡長尾本店は、大きな庭や駐車場も同時開設し、200坪の「漢方スクエアー」と名付けた。
“昭和47年の初心に戻って、皆様の健康に寄与する覚悟を新たにする”という意味を持っています
Copyright (C)1976-2018 Hakusui Co., Ltd. All Rights Reserved.