ページ
先頭へ



その他の漢方相談

足がつる

西洋医学での診断

「足がつる」いわゆる『こむら返り』 は、筋肉が急に収縮して痙攣を起こした状態です。足だけでなく、どの筋肉にも起こり得るものですが、頻度としてはふくらはぎが多いようです。
足がつる原因ははっきりわかりませんが、筋肉中の血液の流れが悪くなったり、体内の電解質バランスが崩れて起こると考えられています。

足がつる原因

  • 筋肉の疲労 (激しい運動後など)
  • 十分に準備運動をしていない
  • 普段使っていない筋肉に急に力を入れる
  • 運動不足
  • 水分不足
  • 水泳などで冷たい水に長く浸かる
  • カルシウム、マグネシウム、ビタミンの不足
  • アルコールの飲みすぎ
  • 嘔吐・下痢・過度な発汗などによる脱水
  • 妊娠  など

頻繁に足がつるような場合は、内科的な病気や、薬の副作用が原因となっている場合もあります。

  • 甲状腺機能低下症
  • 肝硬変
  • 副甲状腺機能亢進症
  • 低ナトリウム血症
  • 尿毒症
  • 骨粗しょう症
  • 糖尿病
  • 動脈硬化症
  • 静脈瘤
  • 神経系の病気
  • 薬の副作用

足がつる場合の治療

上記の内の何らかの病気が原因であれば、まずはその治療をします
原因となる疾患がなければ、運動前にはきちんと準備運動をしたり、普段から適度な運動をしたり、運動をするときには、水分・塩分補給をきちんと行うなどで予防することが大切です。それでも足がつってしまった時は、ゆっくりと筋肉を伸ばして、その後温めたりマッサージをしてほぐします。

薬を使用する場合は、下記のものが挙げられます。

  • 漢方の芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
  • 消炎・鎮痛薬(痛み止め)
  • 筋弛緩薬、抗けいれん薬(けいれんを抑える薬)
  • 精神安定剤  など

漢方での診断

漢方では、こむら返り(足がつる)は、筋(すじ、腱)や脈(血管、リンパ管)に栄養や潤いが行き渡らなくなることによって起こると考えます。
貧血、出血、過剰な発汗、下痢、発熱、老化、偏食、寝不足、疲れ、冷え、寒さや湿気の影響を受けるなど、これらを漢方的に分類すると、次のようなものがあります。

  1. 血(けつ)が足りない
    手足のしびれ、筋肉がピクピクする、めまい、唇や爪の色がうすい、爪が割れる、動悸、不眠、集中力の低下、頭痛、生理不順、目がしょぼしょぼする、視力の低下など。
  2. 陰(いん)が足りない
    血の不足の症状に加えて、のぼせ、ほてり、寝汗、口が渇く、イライラ、微熱、ドライアイ、体がやせる、尿が濃い、など。
    血や陰の不足は、長い間の気血陰陽のバランスの乱れ(慢性病、疲労の蓄積)や発熱などが原因となります。
    また漢方では、筋(すじ)は肝(かん)と繋がりがあり、肝は血を蓄えておく所でもあります。したがって、足がつるなどの筋肉の痙攣は、肝血(かんけつ)の不足と大きな関わりがあるのです。パソコンや細かな字を見るなど、よく目を使う、頭を使う仕事をしている、普段からイライラすることが多い、夜眠れていない、食事をきちんと摂っていないなど、思い当たる場合は要注意です。養生を心がけましょう。
    漢方薬としては、血や陰を補うもの、熱を冷ますものなどを状態に合わせて使っていきます。
  3. 邪(じゃ)が気血の流れを邪魔している
    重だるい、頭痛、発熱悪寒、身体が痛む、など。漢方薬としては、くっついている邪を取るものを使います。
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安