ページ
先頭へ



その他の漢方相談

腰痛

西洋医学での診断

腰の構成は、腰椎といわれる腰の中心となる部分があります。その腰椎の骨と骨の間には、椎間板といわれるものがあります。この椎間板は、脊椎にかかる衝撃やショックを吸収してくれたり、前後に動くときに関節のような役目を果たしてくれます。
また、体を動かすための機能を持つ筋肉や、姿勢を保つための筋肉も周りにあります。
腰痛を引き起こす原因となる疾患には、下記のようなものがあります。

下痢の原因

○内臓の病気によるもの

膵炎、腎臓結石、尿管結石、悪性腫瘍など

○背骨の病気によるもの

椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、骨粗鬆症などがあります。
椎間板ヘルニアは、軟骨組織で椎骨という骨の間をつないでいます。椎間板の内部には、髄核と呼ばれる部分があり、線維輪という軟骨が巻かれています。脊椎にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を、椎間板は果たしています。
しかし、老化や線維輪の亀裂によって、その中にあった髄核が出てしまい、神経を圧迫したりします。すると腰が痛くなり、障害を起こしてしまうのです。これが「椎間板ヘルニア」であり、腰に起こる場合を腰椎椎間板ヘルニアと言います。
病気により腰痛が起こることもありますが、それ以外にも同一体位での作業により腰に負担をかけた事で痛みが生じたり、急に重い物を持つことで腰に痛みを生じるといったこともあります。

腰痛の原因

  • 何らかの疾患によるもの
  • 炎症
  • 感染
  • 長時間の同一姿勢により起こるもの
  • 肥満により腰に負担がかかり起こるもの
  • 過労

腰痛の症状

  • 腰の違和感
  • 坐骨神経痛
  • 下肢のしびれや痛み
  • 背中の痛み
  • 臀部に痛みが生じる場合もある

腰痛の治療

  • 安静を保つ
  • 薬物療法(消炎鎮痛剤、筋弛緩剤など)
  • 生活改善
    • 同一姿勢を長時間とらないように心がける
    • 中腰にならないようにする
    • 椅子に座るときは深く座り背中を伸ばす
  • 腹筋を鍛える
  • その他(温熱療法、コルセットの使用、腰痛体操、牽引治療)

漢方での診断

腰や骨は 「腎」、筋肉は 「肝」というように、腰痛は単に腰だけの病ではないと考えます。
老化によるものがほとんどですが、最近では若くても腰痛を持っている方が多く見受けられます。
また、生理中や排卵の時に腰痛を訴える人も多いので、女性で生理時に痛みがある場合は、一度検査に行かれると良いでしょう。

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安