ページ
先頭へ



その他の漢方相談

西洋医学での診断

排便時にいきんだりすることによって肛門粘膜がきれたり、痔核がでたりするものを「痔」といいます
痔には種類があり、それぞれ原因があります。

あな痔

■あな痔の原因

直腸内細菌などの感染を受け肛門周囲膿瘍が自然に破れ、それが悪化することによって起こります
膿が肛門の皮下組織に溜まっており、それが外に排出されると跡ができ、そこにトンネルのような管が作られます。

■あな痔の症状

自覚症状はありません。炎症が起こると発熱、痛みをともないます。

■あな痔の治療

手術が必要になります。

切れ痔

■切れ痔の原因

便秘によりいきむ、下痢により何度も排便するなどが原因で、肛門粘膜が切れて起こります。

■切れ痔の症状

排便時に痛みを伴う、出血

■切れ痔の治療

肛門を清潔に保ち、座薬、軟膏塗布を行う

内痔核

■内痔核の原因

便秘、下痢により、肛門に負担をかけたり、立ったまま、座ったままといった姿勢により、下半身の血行が悪くなると起こります。また、暴飲暴食、妊娠、出産でも起こります。

■内痔核の症状

排便時、痛みは伴わないものの、出血が見られます。最初の頃は排便時、痔核が肛門の外に出ますが、排便が終了すると共に中に戻ります。しかし、次第に排便が終了しても痔核が中へ戻らなくなってしまい、脱出したままとなりますそうなると痛みはますます強くなります
内痔核と共に肛門の上皮まで出てくるものを脱肛といい、出血、残便感といった症状が見られます。

■内痔核の治療

  • 薬物療法(軟膏塗布、座薬、内服薬)
  • 外科的療法(手術)

外痔核

■外痔核の原因

便秘によるいきみ、下痢による頻回排便、下半身を冷やすことによる肛門部のうっ血

■外痔核の症状

イボのような大きさの痔核がひとつ、あるいは複数でき、激しい痛みを伴う

■外痔核の治療

  • 薬物療法(座薬、軟膏、内服薬など)
  • 外科的療法(痔核を切除し、血を排除する)

漢方での診断

痔は血行を良くして、「肝」を健やかにする漢方などを組み合わせて対処します。
(お酒を控えていただく事を前提です)

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安