ページ
先頭へ



その他の漢方相談

吐き気

西洋医学での診断

吐き気・悪心(おしん):嘔吐にさきだって、あるいは同時に感じる胃や胸部の不快感
嘔吐:胃の中のものを吐くこと

吐き気・嘔吐は、日常の中でも見られる症状ですが、何らかの病気の症状や前兆のこともあります。
何度も繰り返すなど、少しでも気になることがある際には自己診断はせず、医師に相談しましょう。

吐き気の原因

  • 食べすぎ、飲みすぎ(アルコールなど)
  • 脳、神経の疾患によるもの(頭痛を伴うことがある)
    • 脳出血、脳挫傷、脳腫瘍、高血圧脳症などによる脳圧の亢進
    • 脳梗塞などによる脳の血流障害
    • 脳炎、髄膜炎
    • 緑内障
    • 片頭痛
    • 良性発作性頭位めまい (特定の位置に頭を動かすと、自分や周りが回転するようなめまい)、メニエール症候群、乗り物酔いなどの内耳の刺激など
  • 消化器系の病気によるもの(腹痛を伴うことがある)
    • 急性、慢性胃炎
    • 胃、十二指腸潰瘍
    • 胃がん
    • 急性虫垂炎(盲腸炎)
    • 腸閉塞、腸捻転
    • 食中毒
      ※注意:吐き気・下痢をするのは、細菌や毒素を出すためです。自己判断で下痢止めは飲まず、早めに医師の診察を受けましょう。
    • 胆のう、胆管の病気(急性胆のう炎、胆石症など)
    • 肝臓病(急性肝炎など)
    • 膵臓の病気(急性・慢性膵炎、膵臓がんなど)
  • その他の内臓の疾患によるもの
    • 心臓病(うっ血性心不全、心筋梗塞)
    • 腎臓病(腎不全による尿毒症、尿路結石など)
  • 精神的、心理的なもの
    • 過食症
    • 嫌なこと、避けたいことがある(登校拒否など)
  • つわり
  • その他
    • 薬物や毒物の中毒(ジギタリス(強心剤)、ニコチン、農薬、重金属など)
    • 薬の副作用(鎮痛剤、抗炎症剤、抗生物質など)
    • 急性アルコール中毒

吐き気・嘔吐は、上記に挙げた以上に多くの病気に伴って起こるため、診断も簡単ではありません
したがって病院を受診するときには、吐物の状態や、他にどのような症状があるのかなども、確認する必要があります。気づいたことは、医師に伝えるようにしましょう。
また、次のような場合には、早急に医師の診察を受けましょう。

  • 激しい症状である(激しい腹痛や頭痛、意識障害など)
  • いつもと違う症状がある(不整脈、血圧低下など)
  • 何度も繰り返す など

吐き気の原因

疾患がある場合には、それを治療します。
また、制吐薬、胃粘膜保護剤、精神安定剤などを状態に合わせて使います。

漢方での診断

脳の疾患などによる緊急な治療が必要な吐き気・嘔吐は、病院での治療が優先されるため、ここでは、日常的に見られる吐き気・嘔吐について解説していきます。
吐き気・嘔吐は、消化に関与する臓腑(「胃」「脾」「肝」)がスムーズに働かなくなったために、「胃」の「気」が下に降りられず、上に逆行してしまうことで起こります。

消化に対する「胃」「脾」「肝」の役割

消化吸収は 「胃」「脾」 が協力しあって行い、「肝」がその調節に関与しています。

  • 「胃」の働き(以下の働きが低下すると、吐き気・嘔吐の症状につながる)
    • 食べ物を受け取る
    • もみ砕いて細かくする
    • 下(小腸)へ送る(「胃気」の方向性は下)
  • 「脾」の働き(以下の働きが低下すると、食べ物や余分な水分が停滞して、吐き気・嘔吐の原因となる)
    • 食べ物・水分の消化吸収を行う
    • 必要なものを上に持ち上げる(「脾気」の方向性は上)
  • 「肝」の働き
    • 「気」の流れを調節する
    • 消化を助ける(胆汁の分泌と排泄)
    • 感情のコントロール
      「気」がスムーズに流れていれば、「胃」「脾」も元気に働けます。
      しかし、「気」の流れが滞ってしまい「胃」「脾」に影響すると、吐き気・嘔吐の症状につながります。

吐き気・嘔吐を引き起こす要因

消化吸収は 「胃」「脾」 が協力しあって行い、「肝」がその調節に関与しています。

○外邪(身体に悪影響を与える因子)を受けたことによるタイプ

<要因>
  • 季節や気候の影響を受ける
  • 風邪を引く など

外邪としては「風」「寒」「暑」「湿」などがあります。これらが胃を攻撃すると「胃気」が下に降りられず、吐き気・嘔吐の症状が出ます
例えば、夏風邪を引き、吐き下しの症状がある場合、暑湿の邪の影響が考えられます。
また、秋冬にゾクゾクする風邪を引き、吐いてしまう場合、風寒の邪の影響が考えられます。

<症状>
  • 突然嘔吐する
  • 頭や身体が痛くなる、発熱・悪寒があるなどを伴う
<漢方>

邪を取り除くものを使う

○飲食が停滞してしまっているタイプ

<要因>
  • 食べすぎ、飲みすぎ
  • 油っこい物の摂りすぎ
  • 生もの、冷たいものの摂りすぎ
  • 不衛生なものを食べる など

これらが原因となって「胃」「脾」を傷めてしまい、食べたものが停滞すると「胃気」が降りられなくなり、逆行すると吐き気・嘔吐の症状が出ます

<症状>
  • 酸っぱいものを嘔吐する
  • お腹が張る、げっぷがでる、食べたくない、吐くと楽になるなどの症状を伴う
<漢方>

消化を助けるものなどを使う

○余分な水分の毒素が溜まってしまっているタイプ

<要因>
  • 食べすぎ、飲みすぎ
  • 胃腸が弱い
  • 夜中に食べる
  • よく思い悩む(こんな人は「脾」が弱くなりやすい) など

「胃」「脾」が元気に働けないと、水分をきちんと代謝できず、余分な水分が毒素として溜まってしまい、吐き気・嘔吐の原因となります。舌苔が厚くついている人は、このタイプかもしれません。

<症状>
  • 水のようなものを嘔吐する
  • めまい、動悸などを伴う
<漢方>

分代謝を改善するものを使う

○「気」の流れが滞ってしまっているタイプ

<要因>
  • イライラする
  • よく怒る
  • ストレスが大きい
  • 緊張しやすい、あるいは緊張が続いている
  • よく人に気を遣う など

「肝」は、ストレスを受け止める働きをしています。しかし、その人にとって過剰な刺激が加わると、処理しきれずに「気」の流れが滞ってしまいます。それが「胃」「脾」に影響すると吐き気・嘔吐の症状につながります。
ストレスから吐いてしまう、「神経性胃炎」や 「逆流性食道炎」 と診断された方などは、このタイプも考えられます

<症状>
  • 酸っぱいものを嘔吐する
  • 胸や脇が張る、げっぷが出る、ため息が多いなどを伴う
<漢方>

「気」の流れを手助けしてあげるようなものを使う

○胃腸が冷えているタイプ

<要因>
  • 普段から身体を冷やすものをよく摂っている
  • 冷えやすい体質
  • 胃腸が弱い など

手足が冷えると動きづらくなるように、胃腸も冷えると元気に働けなくなります。そして、「脾」「胃」が充分に働けないと、食べ物を受け入れて消化することができず、吐き気・嘔吐の症状が出てしまいます。クーラーにあたったり、冷たいものを飲むと吐き気が出る人は、このタイプかもしれません。
飲食のちょっとした不注意や少しの疲労でも、それがきっかけですぐに吐いてしまうので、普段からの養生を心がけましょう。

<症状>
  • 手足が冷たい、便がゆるい、下痢しやすいなどを伴う
<漢方>

胃腸を温めたり、元気にしてあげるものなどを使う

○「胃」の陰液(潤して冷ます働きのあるもの)が足りないタイプ

<要因>
  • 辛いもの、味の濃いもの、脂っこいものをよく食べる
  • 慢性病で陰液が不足している
  • 慢性の炎症が続いている(慢性胃炎など)
<症状>
  • 何も出なくても吐き気がする
  • 良くなったり嘔吐したりを繰り返す
  • 口や喉が渇く、胸やけがする、空腹感はあっても食欲はない、お小水が濃い、舌が赤いなどを伴う
<漢方>

「胃」に潤いを与えたり、熱を冷ましてあげるものなどを使います。
吐き気・嘔吐は、上記した以外にもさまざまな原因や体質が重なり合って出てきます。
また、食べすぎなどの一時的なものでも、繰り返すことで慢性化したり、体質的に「脾胃」が弱くなってしまうこともあります。今、症状のある方は早めにケアし、お酒を飲むことが続いている、夜遅くに食べて寝る などの生活習慣が続いている方は、生活の見直しをしましょう。
また、ストレスから症状が出る方も多く見受けられますが、病院へ行くほどではないが生活の中では処理しきれない・・・という方は、早めに漢方で対処しておくことをお勧めします。

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安