ページ
先頭へ



その他の漢方相談

肩こり

西洋医学での診断

肩こりは、筋肉の長時間緊張や疲労が蓄積されることによって起こります。筋肉は常に緊張しているものではなく、緊張と弛緩を繰り返し行っています。そのため、血流が良いと、肩こりを起こすことはありませんが、仕事などで同一姿勢を長時間とって作業をする場合には、肩の筋肉に緊張状態が続き血流も悪くなり、肩こりが発生します。
また、何らかの病気によって、その症状の1つとして現れる場合もあります。

肩こりが起こる病気

  • 更年期障害
  • 冷え性
  • 精神的ストレス
  • 肺結核
  • 変形性頚椎症
  • 低血圧、高血圧
  • 貧血
  • 心臓病 など

肩こりの症状

  • 肩がだるい
  • 重く感じる
  • 肩がこわばる
  • 突っ張るような感じがする
  • 頭痛
  • 手のしびれ感
  • 嘔気、嘔吐
  • めまい

肩こりの治療

  • 生活環境
    ストレスなどによるものの場合には、環境を変えることでストレス解消を図ります。
    長時間同一体位をとる場合には、時々休憩を入れたり、体を少し動かしたりして筋肉の緊張を和らげます。
    疲労からくる肩こりの場合には、休息を取ります。
  • 温熱療法
    ホットパックを用いて治療します。
  • その他
    マッサージ、適度な運動などを行います。

漢方での診断

中医学では、肩こりは血液の流れの悪い「お血」が原因とされます。
しかし、実際には血流の悪い人はもちろん、代謝の悪い低体温の方にも多く見られます。代謝が悪いと肩こりの原因、疲労物質の分解がうまくいかないため、溜まってしまうのです。
低体温ではなくても、冷えを感じている方(冷え性)にも多く見受けられます
また、ストレスが溜まっていると、背中も凝ってきますね。血流を良くするものや、代謝を高めるもので対応します。

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安