ページ
先頭へ


ホーム > 心の漢方相談 > 自律神経失調症

心の漢方相談

自律神経失調症

西洋医学での診断

神経系には大きく分けると、脳脊髄神経(動物神経系)自律神経系(植物神経系)とに分けられます。
脳脊髄神経(動物神経系)は思考、記憶、運動、感覚などに関与していて、自律神経系(植物神経系)は、自分の意志とは関係なく働いている心臓、内臓諸器官の調整に関与しています。

自律神経には、交感神経副交感神経という神経があります。日中起きているときには交感神経が一生懸命働いて、心臓を活発に動かしています。反対に寝ているときには、副交感神経がゆっくりと心臓を動かしています。
交感神経と副交感神経は相反する働きを行い、そのバランスによって体をうまく調節しています。この自律神経に異常をきたしコントロールできなくなることを自律神経失調症といいます。

自律神経失調症の原因

ストレスなどによる心因性のもの。体質や性格などにより、自律神経そのものに影響したもの。

自律神経失調症の特徴

男女共に起こる病気です。発症年代は、赤ちゃんから高齢者まで幅広くなっています。

自律神経失調症の症状

下記のような症状が、複数現れます。

  • 全身症状(疲労感、冷えやすい、失神など)
  • 脳神経系(めまい、頭痛)
  • 循環器系(胸痛、動悸)
  • 呼吸器系(あくび、息切れ、咳)
  • 消化器系(食欲不振、便秘、下痢、嘔吐)
  • 皮膚(発汗、冷え)
  • その他(筋肉痛、肩こり、腰痛)

律神経失調症の症状

  1. 薬物療法
    自律神経調整剤、抗不安定剤、抗うつ剤
  2. その他
    ストレスなどが関与していることが多いので、日常はリラックスしてストレスを避けるようにし、規則正しい日常生活を心がけます。

漢方での診断

自律神経失調症は、最近特に増えている疾患の1つです。原因がわからず、このような症状が出ている方が多いと思います。人によって、それぞれ体の弱いところがありますが、疲れや養生が足りずに無理をしたり、過度のストレスなどからこのような症状に至るケースが多いです。
自律神経失調症というと大それた疾患のようですが、この病気は深刻に考える事はありません。誰にでも起こっている症状です。ちょっとお腹が減らない、ちょっとかったるいなど、なんとなく優れないな と感じている人でも、これにあたるからです。

漢方的に考えて、大きくわけて原因は3つ。私たちが漢方相談していて一番多いタイプから紹介しましょう。

  1. 湿タイプ:湿(体にとって余分なお水)が溜まっています。水代謝を上げる漢方をオススメします。
    • 舌苔が多く、口が粘つく感じがする
    • とても体がだるく、気分がいつも重い感じ(雨の日は、特にだるさが増す)
    • むくみやすく、ひどい場合は関節がパンパンになる
    • めまいやふらつきが多い
    • 頭が重く吐き気がしやすい
    • 食欲が無くいつもムカムカしている。または胃の中に水が溜まったようにぽちゃぽちゃ音がする感じ
    • ドロドロと形のない便をしやすく、トイレが近い、または全くいかないかで水分の代謝が正常ではない
    • 夜、トイレに起きたりもするが、昼でも夜でもいつでも眠い、多眠気味
  2. 血不足タイプ:血液を補うような漢方をオススメしています。
    • 舌の色が真っ白に近い、または薄ピンク
    • 頭がボーっとして、集中力がない
    • 物事を深く考えることが出来なくなる
    • そんなに年でもないのに、忘れっぽさが気になる
    • 漠然とした不安感に陥りやすく、悲しくなる
    • イライラしたり泣いたりと落ち着き無く、ソワソワしたり精神的に不安定さを訴える
    • 夜、夢ばかり見て、ぐっすりと寝た気がしない(中には不眠になる人もいる)
    • 生理になるともっと症状が進行し、頭にぽっかりと穴が開いたように思考が停止する
    • 爪が割れやすく、髪の毛がパサつき、肌もカサつく
  3. 気不足タイプ:気を補うような漢方をオススメしています。
    • 舌のまわりにガタガタと歯型がついている
    • やる気がなく、すぐに疲れたと言ってしまう
    • 根気が続かず、食欲が無いかまたは食後に眠くなる
    • 消化が悪いため食べても太れないか、または肉のしまりがなくぽちゃぽっちゃした感じの体型
    • 汗をかきやすい人、まったくかかない冷えている人
    • 動きがわるく行動的ではない
  4. 混合タイプ
    これらの症状が重なりあうため、1~2つの症状や体質を変えただけでは間に合わず、通常の生活に支障をきたしている人
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安